HAVE TOではなく、WANT TO!!

ボイストレーニングランキング!!←変わりました(´∀`)
現在1位!!

実はまだシンガー&ボーカリストランキングと二つに登録中!!

シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ


ボイストレーニング ブログランキングへ

出来れば二つとも、応援よろしくお願いします~(^O^)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
剣史です~

昨日・・・やっぱり忘れてました!!
覚えてます??久々の質問・・・(笑)

メッセもしばらく見てなかったですが、答えてくださった方
有難うございます&お待たせいたしました~m(_ _)m

さて、その問題とは
耳栓・・・音程をとりやすくなる効果の他に
もう一つ相乗効果で期待できることがあります。
さて、それは一体何でしょう??

という質問でしたね~

 

では答えです・・・

喉を痛めなくなる(リラックス出来る)

ということです。

爆音の中で歌った事がある方はお分かりだと思いますが、
絶対に喉だけでなく、体にも力が入ります。

そうやって自分の声を無意識にデカくしようと思ってしまうわけです。

でも、耳栓をすることにより、自分の声が聞こえることで
リラックスして歌えるんです。

その結果として、喉を痛めなくなるのです。

ほとんどの方が正解でした!!

でもお一人様に、声量がUPする
と答えていただいたのですが、

これもある意味当たっているので、正解にしました!!

それは何故か??

声量=響きです。

images (17)

また使ってしまいました~(笑)
すみませんm(_ _)m

響きの概念がわからなかった方も、この耳栓、あるいは耳に入れるタイプのヘッドホーンなどで
自分の声が聞こえにくい時に、意識的に、あるいは一部の天才的な方は無意識に
どこが一番響くか??を探るようになるのです。

そこで響かせると当然声も大きくなり、その場所自体も
響くことでより響くようになります。

 

いかがだったでしょうか??

もちろんバンドで歌うとか、大音量になれている声量のある方は
今更耳栓はしなくてもいいと思いますよ~ヽ(´▽`)/

あくまでも一つの案というかアイデアですので、試したい方はどうぞ!!
さて、前置きが長くなりましたが・・・

今日は、まさにこの耳栓の記事の前置きで募集??した
質問自体することに躊躇されてたある方から、勇気を持って質問を頂きましたので、
それについてお答えしようと思います。

それは・・・
『先生に習った歌の反復練習をしているのですが、なぜか集中力が続かない・・・』
『どうしたら集中力が保てるようになりますか??』
ということです。
最近よく練習の仕方について質問頂いて、お答えしてきたつもりですが
やはり、練習についての悩みは尽きることがないようですね・・・

もちろん、頑張っているのはわかるのですが、
実はそこに落とし穴があるんです。

それが今日のテーマです。

そう・・・
『HAVE TOではなく、WANT TO!!』
でないといけないのです。

練習しなければならないからする

のではなく・・・

練習したいからする

こうでなければならないのです。

 

これはある意味基本中の基本です。

でも・・・
練習しないといけない・・・という気持ちは
練習前にあっても大丈夫なんです。

人間ですから、気が進まないという事もあるのは当たり前です。

ただ、練習やりだしても集中力が出ないということは、
問題です。

絶対何らかの原因があると思います。

その原因として考えられるのが
『WANT TO』です。

そもそも歌を練習したくないのなら、
やらないほうがマシです。

なぜなら、そのマイナスの感情が良くないんです。

昨日出来なかった・・・
だから今日もっと頑張らなきゃ!!

というふうに次々に悪循環を生み出します。

そう、『HAVE TO』の悪循環ですね・・・

こうなると、ただの義務でしかなくなります。

ですからこういう場合は、
何がモチベーションだったか思い出す必要があります。

要は、なんで練習をしているのか??という『目的』を思い出し、
その先にある『将来の自分のカッコイイ姿』を想像しながら練習する
ということをやってないのではないでしょうか??

これは、一回やればイイと言うものではなく、
毎日練習前にくり返してもいいのですよ~!!

以前書いた、モチベーションに関する記事、練習の仕方の記事
時間管理の記事などを読み返してみてください。

それだけでも、かなりやる気になるはずです。

ではでは・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください