もっと研究せよ~歌に秘密はない!!

セミナー開催予告THE歌道セミナーat東京★

すみません・・・

世間は3連休だったということで

本日の24時までに変更しております!!

お忘れだった方!
メッセにてご希望の日にち(10月27日~11月10日)を第三希望までお知らせ下さい。

現在のところ結構バラけてますが、時間帯は夜が濃厚です~(^_^)

==============
お陰様で3位キープ~!!

いつも有難うございます!!
引き続き、応援宜しくお願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

================

剣史です~(*^_^*)

今日のテーマですが

『もっと研究せよ~歌に秘密はない!!』

なんかよく分からないタイトルですよね?(笑)

実は、歌がうまくなるヒントというのは、
世の中に溢れている楽曲の中にあるのです。

最近、皆さんはヘッドホンをして音楽を聞く機会が多いと思います。

その時、のほほん~と聞いているのと、研究しながら聞いているのとでは
雲泥の差が出来てきます。

どういうことかというと・・・

声をよく聞いてみてください。

日本人でも上手いアーティストなら大丈夫ですが、
洋楽の方がわかりやすいと思います。

声が
前に来たり・・・
後ろに行ったり・・・
上に行ったり・・・
下に響かせたり・・・

2次元でなく3次元の声がだんだん聞こえてくると思います。

これは私が今まで言ってきている『響き』の基本形です。

元々、それに気づいている方もいらっしゃるとは思います。

こういうふうに聞こえるのは、レコーディングのエフェクト処理のせいだと
思ってらっしゃる方がほとんどかと思います。

でも、違うんです!!!

マイクと口(くち)の距離だけでは、こういう効果は現れないのです。

要は・・・ボーカリストが響きのポイントを変えることによって生まれる距離感なんです。
それがそのままレコーディングされているだけなんです。

$覇田剣史の☆The歌道☆Utadow      

そこを研究してみてください!!

セミナーではこれ以上にいろんな情報をお伝えしますので
是非参加してくださいね~

Steely danは割りとわかりやすいです~

参考にして下さい!

steely dan – gaucho

ヘッドホーンをして声の位置を意識して聞いて下さいね~

ではでは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください