『高音発声の感覚の重要性』とは?

覇田です!!

相変わらず投稿に関しては不自由な状態が続いておりますが、
気を取り直して『高音発声の感覚の重要性』をお話していきたいと思います。

 

ということで、珍しく朝更新~ヽ(´▽`)/

実は一昨日、某イベントにて久々にLED ZEPPELIN(以下ZEP)を歌ってきました。

このイベント自体、ZEPのドラマー故ジョンボーナムを追悼する主旨ですのでZEPカバーバンドがほとんど。

ボーカルのロバートプラントの声がかなりの高音な為、いつもはだいたい女声ボーカルが多いのですが、昨日は珍しく男声ボーカルが多かったんです。

何バンドか観させていただき、男声でも上手く高音を出している方もいらっしゃいましたが、
やはりその歌声は力任せで、ライブの最後の方はとても苦しそうになって、喉を潰し兼ねない歌い方だったのが残念でした。

昔から何回も言ってますが、力任せになるのは『声の出し方を知らない』だけなんです。

もう少し厳密に言いますと『高音発声の感覚』が分からないという事になります。

しかもロバートプラントの声に似てもにつかない声でしたので、いつも言っていますモノマネの感覚はほぼ皆無だったのではないかと。

女性なら少しはいるかもですが、男性なら普段話す声ではロバートプラントのあのハイトーンは絶対出ないですし、ファルセットを地声っぽく出したり、それなりの工夫をしているのはわかるのですが、やっぱり聞いている方もだんだん苦しくなってしまう・・・

ま、そういう現象はたくさん観てきていますので、今更なんですが。

 

これはボイトレの音階練習とか、発声練習とかだけで身に付くものではなく、高音発声に関しては
やはり正しい声を出す『感覚』が必要なんです。

力が入っているということは絶対間違いですので、その時点で見直す必要があるのですが、
残念ながらそこを力ずくで突破すれば歌えるようになる・・・という間違った思い込みの方が多いです。

もしあなたがそうなら、数年後には歌を諦めてしまう可能性もありますので気をつけて下さい!!

実際、私自身がそういうスパイラルに入った経験がありますので~(詳しくは無料講座のコラムに書いてあります。)

 

さて、そういう思いもありまして、最近暇を見つけては、ネット上にあるボイトレレッスンの概要やyoutubeによる体験レッスンなども見ていますが、残念ながらその正しい『感覚』を教えているサイトは今のところ見つけられなかったです。

中には「正しい声」と称して先生が歌っているyoutubeも拝見しましたが、残念ながらまず先生自体の「声量がない」時点で私的にはOUTでした。

確かに『感覚』というものを教えるのは一般的には難しいものですが、教える以前の問題で
やはり先生自体がその『感覚』を身につけていない事自体が問題なのではないか??と思っています。(これも無料講座のコラムに書いてあります。)

もしくは過去に身につけていたとしても、先生自体が今歌ってない・・・つまり現役で日々向上してないと、その感覚自体が劣化してしまっている可能性はあるのです。

どうも自らの向上を疎かにしてしまっている先生が多いような気がしてならないのです。

先生も世界一歌がうまいレベルにいるのなら、もちろん今歌っている必要がないかもですが、
本当に歌が好きなら「もっともっと歌が上手くなりたい」という欲求はあるはずです。

それを、生徒さんに教えるが為時間がなくなるのか?自分の向上を疎かにしてしまう・・・
中にはまるで自分がサイコーのボーカリストであるがように、上から目線で対応している先生が少なからずいることは非常に残念です。

 

と、偉そうなことばかり言っておりますが・・・

これはある意味・・・私自身ボイトレで教えること中心生活になったら、常に意識していかないとはり難しい気もします。

 

私の収入のうちボイトレの割合は僅かなものです。

裏返せば・・・自分が歌っていたい、常に向上したいから、ボイトレではなくネット講座という形で真の情報を配信するということにフォーカスしだした訳ですが。

結局のところ何が言いたいかと言うと、常に現役で歌っている先生に習うことをお勧めします。

でも私と同じく表現方法や伝え方が少しづつ異なってきたりすることもあるかも~(笑)

そう・・・「え??先生こないだ言ってたこととちょっと違うこと言ってない?」という瞬間は
出てくるはずです。

でもそこが真の先生を見分けるポイントかも知れませんね!!

 

誤解の無いように言っておきますが、イメージング唱法の基本的な部分は変わってないです。

このブログも基本的に表現方法が違うだけですし、無料講座についてはその都度更新していますので大丈夫です。

イメージング唱法を開発した当初から、その土台の上に積み重ねてきたので、言うことが多少変わっても今のスタイルにつながっているだけです~(笑)

 

さて、いつものようにかなり脱線してしまったので元に戻します・・・

男声でロバートプラントが歌えるようになるためには、イメージング唱法でその声の出し方の『感覚』を身に付けることが最短だと思うのです。

イメージング唱法は、誰でも簡単にイメージが出来ることをお伝えしています。
ですから、そんなに難しくはないんです。

しかも自分の好きな曲、歌いたい曲でそれを試せることが一番の売りかも知れません~(笑)

また一番レビューで多いのは、常に喉を開いている状態を保つイメージング(正確に言うと、常に開く必要はないのですが・・・)や、無意識に腹式呼吸が出来るイメージングも簡単に体感出来るという事です。

そう、行動に移している限り、誰でもその効果は体感出来るはずなんです。

しかしやはり、これだけ情報過多の時代ですからついつい正統だと思う普通のボイトレ教室や教材に流れていくのは仕方ないことかも知れません。

無料講座の登録は常に頂いているのですが、100人が読んでも、感謝のメッセージ頂けるのは、感覚として5人に1人くらいでしょうか?ヽ(;▽;)ノ

登録頂いた方でも、ほかの情報収集で訳がわからなくなって、力尽きて・・・
結局無料講座で得た知識を行動に移す時間が取れていないのが手に取るようにわかります。

以前にもこのブログで言いましたが『信じる力』がない状態になったのではないかと。

『信じる力』がないと絶対行動には移せません!!

でも、信じてはいけないモノもあることも認識しなければいけません。

サイトが綺麗だとか、youtubeもちゃんと無駄なく編集してわかりやすく作ってあったとしても、
残念ながら本質はそこにはありません。

おそらく昨日のライブで歌ってた男声ボーカルの方も、そういうサイトや情報からボイトレ通ったりして、昔よりは断然高い声が出せるようになったのは垣間見えてはいます。

しかし本質を言うと・・・ロバートプラントが歌える先生に習わなくてはダメなんですね⇒ここは見落としがちですが(これも無料講座のコラムにて詳しく述べています。)

と言いつつwwかくいう私も、このブログ始めた当初(・・・4年前??)は裏返りまくり(ロバートプラントに関してですよ~イアンギラン、デビカバは少し低いので大丈夫でした~)で完璧には歌えなかった訳ですから、そりゃ言うことも変わってきてますよね~(笑)

いけない、いけない・・・

まだまだ書きたいこと山ほどあるんですが、このままでは収集つかなくなるので・・・

ということで無理やりまとめに入りますが・・・

何よりも大事なのが!!!

正しい声にしろ高音発声にしろ、その『感覚』を教えられる本物の現役バリバリの先生に習うことです!!

ではでは・・・

▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆

PS・・・おかげさまでランキング10位に上がりました。
ポチして頂いた方、有難うございました。

今日もよろしくお願いします~ヽ(´▽`)/


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆

☆無料講座ご希望の方はこちらからご登録ください☆

メールアドレス

お名前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください