月別アーカイブ: 2017年7月

自分の中の ウィアードネスを探せ!!

▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆
お陰様で上位をキープ中!!

いつもほんとうに有難うございます~(^O^)

今日も読む前のポチ!!!
よろしくお願いいたします~(^^♪


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆

覇田です。

先日の記事ご覧になった方から質問頂きましたので、今日はそれにお答えします!!

その質問とは??
簡略化すると「細かいことを追及しさらにモノマネまでしてしまうと、自分の個性がなくなってしまうんでは?と思ってました。でも、出来ないことをすっ飛ばしてもいい??と先日の記事でおっしゃってたということは、なんか中途半端な自分になってしまう気がしてます。この矛盾をどう埋めればいいか悩んでしまってます。」という内容でした。

分かります!!
確かにそうなんですよね~特に日本人は・・・

真面目すぎるというか、普通でいたいというか~(笑)

逆に言うと平均的な個性だけではボーカルはできないという事なのかも知れません。

売れているアーティストをよく観察してみるとわかると思うのですが、
かなり個性的ですよね?

もちろん声、歌い方以外の私生活まで垣間見てみると、ガクトさんのように
ある意味変人の域に達している方もいます。

実はタイトルにあるウィアードネスとは・・・

※weirdness:変わり者であること、奇異さ、変な部分

 

ということです。

ボーカリストは少なくとも、今までの教育のせいで普通を目指している生き方から、
ウィアードネスを探す生き方が大事になってきます。

よく考えてみて下さい!!

モノマネをするにしろ、細かい部分を追及するにしろ、本物とすべてが全く同じという事はあり得ないんです。

出来ないこともすっ飛ばしたままでもいいんです。
それも変な部分・・・つまり個性につながるのですから(笑)

説明がちょっと難しいですが・・・

たとえば、自分が憧れるアーティストを思い浮かべてみてください。
あなたが誰を想像しても、確実に言えるのは、その人にはどこか普通ではない点、
ちょっと変な部分があるということです。

そうでなければ、その人にあなたも世間も注目することはないからです。

どうしてもみんな普通になろうと無意識に思っているせいか?その普通の枠に自分を抑え込んでしまいがちです。

普通・・・って、ボーカリストを苦しめる最も重い病の一つなのかも知れませんね~

普通病・・・

たしかソニーの本であったような~と思ったらありました。

この病気に感染すると、自由を失うことになりますし、人生の質を損ないそして成長すらも止めてしまう厄介者です。

これが分かれば、こんな質問をするようなことはなくなります。
だって変わり者が当たり前になると、自由度も増しますから~(笑)

ですから、自分は変わり者だ!!という事を素直に受け入れて
みて下さい。

普通でなくなることって、ある意味勇気がいりますが
少なくともボーカリストを目指している皆さんはウィアードネスを常に意識するのですよ~

ではでは・・・

▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆
今日の記事が参考になったと思う方は再度ポチよろしくお願いいたします~(^^♪


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆
☆無料講座ご希望の方はこちらからご登録ください☆

メールアドレス

お名前