月別アーカイブ: 2017年1月

『必死ではなくて夢中になれ!!』ミクロを追求すると楽しくなる~??

=====================

お陰様で上位をキープ中!!

現在7位!!
一時的に少し上の6位まで行ってましたが、
やはりそんなに甘くはありませんね~

いつもほんとうに有難うございます~(^O^)

今日も読む前のポチ!
よろしくお願いいたします~(^^♪


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

======================

どうも~覇田です!!

昨日は5月並みの暖かさだったのに、今日は一転!!
寒かったですね~

さて、今日のテーマはいかがですか??(笑)

何となくわかるのですが・・・
結局のところどうしたらいいのか??わからないですよね~(^^♪

では『必死』と『夢中』との違いは何でしょうか?

あなたがいくら『必死』で歌の練習をしても、『夢中』になっている人にはかないません。
その原因なんとなくわかりますか??

たぶん潜在意識レベルではわかっていると思いますが、少し説明しておきます。

『必死』の方はなぜダメなのか??ですが

まず・・・

①楽しくないのです。

②リラックスしてないのです。

③時間に追われている感覚があるのです。

 

では、『夢中』の方は・・・

①本当に楽しいのです。

②身体の感覚がないほど集中している・・・つまりリラックスしまくってます。

③時間を忘れてしまってます

あなたも今までのたくさんの人生経験から、もうすでに学んでいる事だとは思うのですが、同じだけ時間を練習に使っても、『夢中』なっている方がうまくなるのです!!

それどころか、『必死』になっている人は、いずれエネルギーが切れて、それこそ『必ず死ぬ』状態にもなりかねないのです。

そうです。
やめてしまうのです。

行動することを・・・
考えることを・・・
楽しめるはずなのに楽しむことを・・・

だったら『必死』にならない方がマシなんです!!

これマジです!!(笑)

やりたくないことを無理やりやろうとするから
必死になるのです。
では、どうすればいいのか??

ここでほとんどの方が『思考停止状態』になってしまいます。
ここを乗り切れば、次のステップに行けるのに・・・

キーワードは・・・

『今できそうな小さいことを反復練習する』です。

例えば、あなたにとって歌うのが簡単な部分と、今すぐには歌えない部分があるとします。

その歌うのが簡単な部分よりもちょっとだけ難しいと感じる部分を反復練習するんです。
大体の方は歌のキーつまり『高さ』が問題になってます。

ですからあなたの好きな曲でとても難しい曲を選んで、少しだけなら歌えると思う部分(ワンフレーズ)を100回でも200回でも歌ってみて下さい。

ワンフレーズですから多くても30分ぐらいです。

というか、『夢中』になっている方は、数なんて数えられないですから適当ですが、それぐらい歌ったかもな??と思えるぐらいで大丈夫です。

それを曲全体・・・何日かけてもいいですから、それぐらいやったかな?と思えるまで練習してみてください。

でもここで、最初から夢中になることは意識しなくて大丈夫です。

ただ何回も歌うんです。

そう・・・最近はアプリなどで、任意に決めたところを反復再生してくれるアイテムがあったりします。

もちろんアナログ派のあなたはTASCAM Dr-05などの
録音機器で反復機能が付いているものを使う手もあります。

これを使って1時間ほど同じフレーズを歌いまくっていると、何かが見えてきます。

見えてくる時間は個人差があるので、
夢中を感じることが出来るようになるまでやってみて下さい~ヽ(´▽`)/

そのうち・・・

あれ??この部分はここに響かせた方が歌いやすいかな?とか

こっちはいきなり高いから少し力んでしまっているので、とりあえずはファルセットにしてみようとか・・・

だんだん見えてないものが見えてきて、それを一つ一つ解決することで、自分なりの歌い方を見つけていく・・・

その作業はめちゃくちゃ楽しいものなんです!!
人間は成長することが好きなんです。
自分の出来ることの『少しだけ上を目指す』のが楽しいものなのです。

しかしほとんどの方の歌の練習の仕方は・・・

全体・・・つまりマクロをとらえて、最初から全部出来るようになろうとするのです。

あ、これは『マグロ』~(´・ω・`)

 

だから楽しくないし、『必死』になってしまうのです。

 

 

今まで何回も言ってますが・・・

ミクロの部分を練習する事によって、はじめてマクロも出来上がるのです!!

このルートを辿ることが出来た時、つまり『夢中』になることが出来た時、
あなたの歌は一歩一歩高嶺の山を登るごとく、うまくなっていくでしょう!!

 

 

ではでは・・・