月別アーカイブ: 2013年7月

そろそろ~ダイエットが必要か?

いつも有難うございます!!
引き続き、応援宜しくお願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

====================

この夏の忙しさ~+付き合いが増えたので~

体重増加傾向にあります・・・剣史です~(*^_^*)

ここ最近参加しているセッションや
ゲストで歌わせて頂いているのですが・・・

その度に、おなかをさすられます\(//∇//)\

どうやら少し目立ってきたかな~

実は・・・あと数カ月で~

ちゃうちゃう!!!!

産むんちゃう!!!!

とショーもないギャグが頭を過ぎりました・・・すんません(>_<)
あ、関西弁で書いている~

とういことで・・
別にそんなに酔っ払いではないですが、

いよいよダイエットする時期かな~
と思い立ちました!!!

お盆前には海バーベキューも控えてますしね~(^O^)

そして、最近ずーっと私のおなかをさすっくれてた
ある女性ボーカルさん(←ホントに最近くびれてきたんです~)のオススメで

一週間前に・・・とうとう買いましたよ~

『ネコリン』!!!

じゃなく『イヌリン』!!!

ご存知の方もいらっしゃるかもですが、
一応紹介しておきます!!

以下引用・・・
>>>>>>>>>>>>>

低インシュリンダイエットという言葉が流行した時、そのダイエット食品などに含まれていた主力成分がイヌリンである。
なかなか成分までを確認する機会もないと思うが、イヌリンはその働きからダイエットに必要な成分として考えられている。
しかしイヌリンは、あえて意識的に摂取しなくても普通の食事からも摂取することは可能である。
イヌリンの摂取を検討する際に考慮すべき点は、何よりもまずその摂取量を補うことである。
前述したようにイヌリンはたくさんの食品に含まれてはいる。しかしその含有量は非常に微量である。

イヌリンの基本的な作用は以下の通りとなる。

①インシュリンの低下作用
②ビフィズス菌の活性促進効果
③高トリセリド血漿の改善
④血清中脂質濃度の改善

中でも気になる作用は、やはりインシュリンの低下作用だろうか?
イヌリンの摂取によってインシュリンのコントロールが可能となり血糖値の上昇を予防する。
このイヌリンの効能は、糖尿病患者の治療にも期待が集まっており多くの研究がなされている。
また②のビフィズス菌の活性を促進させる効果は結果的に様々な細菌の繁殖を抑制していることにもつながると言える。
イヌリンを多く含有する菊芋は、もともと食物繊維が豊富な食材のひとつで、便秘の解消にも効果が高い食材である。
腸の活動を活性化させるビフィズス菌の活性化という効能をもつことも、ダイエット食品としてイヌリンが注目を集めた要因のひとつだろう。
尚、菊科の植物は球根部分にイヌリン成分を多く含有する性質を持っている。
菊科の植物を摂取するとおなかがゆるくなる、もしくはお腹が張るような感覚を伴う症状を発症するケースがあるのは、このイヌリン成分によるもの。これはイヌリンの副作用効果ともいえる。

副作用症状を発症する要因は、普段微量しか摂取されていないイヌリン成分の摂取量が高まった際に、メタン、二酸化炭素が発生するガス発生が要因である。
この副作用症状は摂取量に体が慣れてくると自然に収まってくるが、初めてサプリメントなどでイヌリンを摂取する場合は、少量からスタートし徐々に適量の摂取量へ変化させていくことが大切である。

>>>>>>>>>>>>>>>>>

ま、だいたいこんな感じですが。。。

要は芋を食べると○○が出る・・・という成分みたいですね~

糖尿病にもいいという事で・・・
せっかくなんで糖尿病歴20年&便秘がヒドイらしい
関西の母にも送ってあげました~

$覇田剣史の☆The歌道☆Utadow      

届いたのは、実は昨日だったのですが、早速効果がなんとなくわかりました~

海バーベキューまでに、
コイツで目指せ-5キロ!!

8月はセッションしかないですが、9月は怒涛のライブになるので、
おなかをさすられないように、がんばってみます~

あ、ちなみに楽天のヘルシーカンパニーというところが一番安かったかな???
500gとたっぷりあって1000円ぐらい?だったので・・・

皆さんも一緒に試しませんか?

ではでは・・・