高い声を出すと音程が不安定になるのは当たり前??

 

ボイストレーニングランキング!!
6位にダウン~ヽ(;▽;)ノ

ボイストレーニング ブログランキングへ

今日も読む前にワンクリック!!

よろしくお願い致しますm(_ _)m

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 剣史です~

GW・・・私は仕事三昧でしたが・・・

皆さん楽しく過ごせましたか??

さて、今日は久々の朝更新です。

先ほどTV見ていたら、コーヒーを3~4杯飲むと死亡率が24%も落ちるとの話題がやってましたが・・・
images (37)

これは緑茶も同じで実際に統計をとった結果でかなり信憑性が高いみたいです。

しかし、以前はカフェインが体に良くないので飲みすぎると良くないと言われていたのに
どっちが正しいかわからなくなりますよね??
以前お話したタバコに関しても・・・

医療関係者さんにGW中の5日にお会いできて、すこし話を聞いたのですが・・・

アメリカの方ではタバコはほぼ無害との結果が出ていて、それをマスコミも公表しているらしいです。
では、日本のマスコミがなぜ公表できないか?

それは・・・
日本の医療業界の圧力がある・・・??らしいです。

都市伝説的な話に聞こえますが・・・(笑)

 

実は血圧も一緒らしいです。

本当は人によって血圧には差があって、誰でも彼でも上が140以上だと降圧剤を飲まされるという日本の基準はオカシイらしいです。

そうです・・・これを言ってしまうと、薬が売れなくなるから・・・らしいのです。

考えたら、去年痴呆になった私の親父は、血圧そんなに高くないのに降圧剤を飲まされていました。

もちろん私が気づいてやめさせたのですが・・・
あとで調べてみると、降圧剤がアルツハイマーの原因になっているという報告もあるようです。

ということで、マスコミが公表していない事実があるということを知っておくべきなんですが・・・
結局は自分で見極めるしかないのですかね??

さて・・・

では本題に入ります。

 

実はGW前に、こんな質問を頂いていました。

「ハダ先生のセミナーとボイサル受けさせていただき、おかげ様で高い声がでるようになったのですが、音程が取りづらくなりました。録音聞いても微妙にピッチが悪いのです。
どうすればいいのでしょうか?」

答えは「気にしない」です(笑)

一応ボイサル期間中にお伝えしていたと思いますが・・・
これはある意味当たり前の現象です。

キーが上がると、一時期はそうなります。

でももっとキーあげると、今迄のキーは大丈夫になります。

そういうものなんです。

ではなぜ音程のコントロールができなくなるか?というと・・・

ただ単にキーがあがって、その音程付近を歌うことに慣れてないからです。

要は余裕があるか無いか?
で違ってきます。

小学校六年生が、一年生の問題を簡単にとけるのと一緒で、
あまり気にせずにポジティブに練習していけば大丈夫です。

一番いけないのは・・・

もし、カラオケとかライブとかで、「高いところ外してしまったらどうしよう・・・」などと考えて歌うと
それだけで現実にそうなってしまいますし、不思議となかなかうまくなりません。

これは私が経験済みだから言えることです(笑)

「劣等感をさらけ出す!!!」ぐらいの気持ちで歌うことが大切です。

私も、今でも少しづつキーがUPしています。

自分にとって難しい曲やキーが高い曲を、セッションとかでわざと選曲するのです。

うまくいく時といかない時がありますが、さらけ出しています(笑)

要は、「今自分は成長過程の真っ只中だ!!」と思っていればいいんです。

人の目を気にする必要はありません。

音程をはずしてしまうとか、声が出なくなるのは、プロのボーカリストでもありえることです。
CDとかではわからないですが、生ライブを見ていると結構あります!!

しかもあなたは成長過程なんですよ~

そういう経験はうまくなる為の絶対必要条件です!!

大切なのは、ネガティブな心のままで歌ってはいけない!!
ということです。

「出来る」「歌える」と勇気を持って突き進んで歌って、失敗したら失敗したで気にしない(笑)

これぐらいの心構えを持ってください!!

気づいたら、その曲をいつの間にか克服出来ています~ヽ(´▽`)/

ではでは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください