風邪をひいた時でも、普通に歌える?

剣史です。

やっぱり酷い風邪です。

とうとうこの2日寝込んでしまってました(笑)

でも一昨日のライブは大成功でした!!

そう、ついついまたまた
バンドメンバーはもちろんのこと、来ていただいたお客さんも交えて朝まで飲んだくれてしまいました。←だから風邪がぶり返した(-_-;)

 
しかしミュージシャンはやはり付き合いも大事ということで・・・

と言い訳ばかりで締めくくります(-_-;)

では、当日どんな手法でとりあえずライブをもち堪えたか?

実は、風邪をうつされたあの日から既に準備はしておりました。

正月ということでもちろん病院はやってません。

こんな時はどうするか?というテーマではちょうどいい条件でしたね~

自分は大丈夫なんですが、念のため・・・

これは個人差があります。

そして体調が悪くなる場合がありますので、決して真似しないで下さい

と言いながら書きますが・・・(笑)

市販の総合風邪薬を買ってきます。(ルルとかバブロンなどの効かない系)

それをライブ前日寝る前だけ規定の1.5~2倍飲みます。

例えば、錠剤3粒が規定の量なら、5粒~6粒。

ライブ当日の朝、起きて体が楽になった場合は、食後に普通の量を飲みます。

もしそれでもダメな場合は1.2倍(4粒)ぐらいにおさえて下さい。

これでライブ前まで様子をみます。

それでもどうも良くならない場合は、ライブ1時間前におにぎり1個と、規定の量~2倍状況に合わせて飲んでください。

大体はそれで体の辛さは減ります。

あと、それに加えて喉が異常に痛い場合・・・

基本的には塩うがい(またはうがい薬←ヨウ素が入ってるのは喉が渇くのでNG)をライブ前、時間がある限り出来るだけやって下さい。

そしてライブ本番!!

ステージドリンクにしょうがはちみつドリンクを用意する。

このレシピはいずれ公開しますが、急を要する場合は
コンビニでほっとレモンなど、はちみつレモン系のドリンクとチューブしょうがを買っておき
はちみつレモン250CCに対してしょうがチューブ半分を入れ混ぜ合わせる。

これを曲の合間に飲むだけで、効果てきめん!!
喉を潤す感じで意識して飲んで下さい。

ただ生姜のカスが喉に引っかかる場合がありますので、注意して下さい!!

もちろん以前お話しましたのど飴も有効です。

と、とりあえず今日は外面的な手法をお伝えしました。

私の場合、今回は薬だけで大丈夫でしたが、

内面的手法もいずれ公開します。

ではでは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください