音階練習の落とし穴

ボイトレというと、あなたはどういうイメージをお持ちでしょうか?

ほとんどの方は、ピアノに合わせて音階練習(ドレミ~などをUP、DOWN)をしているというイメージがあるかと思います。

これは腹式呼吸と同時に声の出し方を学び、そこに集中する為にはある意味有効かも知れません。

しかし何がいけないって・・・楽しくないですよね?

だから続かない・・・というかレッスン受けているときしかやらない(笑)

そして、次のレッスンで、発声練習してる??と先生に聞かれ・・・

しどろもどろ・・・

実は自分もそうでした。

結論から申しますと・・・

好きなことでなければ、モチベーションは保てません。←精神論的なことも結構いいますのであしからず・・・(笑)

私の経験からも思いますが、自分の好きな、だけど上手く歌えない曲を練習することが、やはり楽しいしモチベーションも上がります。

また、音階練習には落とし穴もあります。

特に初心者の方の傾向として、声の出し方というよりも、ピアノの音から外れないように音程の方を気にしてしまうのです。

結果、逆に喉を絞めてしまったり、素直に声が出せなくなるという現象がおこり、練習すればするほど喉を潰してしまいます。

だからレッスン以外に、練習しないほうが良かったのです(笑)

というように・・・

ここでは「ボイトレ=音階練習」という意味で、それは必要ないと思うのです。

「でも音程も大事なのでは?」とのご意見もあるかもなんで、少し補足しておきます。

私の経験上、声の出し方がわかり、それに必要な筋肉が鍛えられることにより、
音程は自然に調整できるようになるのです。


私が思うボイトレの本当の意味は・・・

自分にとって素直な声を見つける手段、あるいはその方法であり、そこをおさえて声を出すことにより、必要な筋肉が鍛えられ、安定した歌を歌えるようになる為のトレーニングなのです。

ということでまとめますが・・・

あなたに合うボイトレか合わないボイトレか?は、あなたのせいではないです。
一番大事なのは、あなたの心に素直になることです。

ということで精神論第1弾!!(笑)

「ボイトレは、楽しくなければ意味がない!!」です。

楽しくなければやる必要はないのです。
無理してやれば逆効果になるのは当然です。

剣史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください