邦洋の声量の違い~ファルセット編

剣史です。

今日は・・・
今まで口を酸っぱくして言ってます、

声量の違いを体感して頂きたいと思います。

いくら上手い人の声量は全く次元が違う!!
と言っても、
実質わかったようでわからない方が多いと思います。

もう一度言います。
感動の仕方は声量で決まる・・・
のです~

いくら口先だけのテクニックがあっても、
声量のない声だと、感動に差が出るということは
どうしてもわかりにくいと思います。

売れている邦楽アーティストのコンサート行った方も、
売れている洋楽アーティストのコンサートに行った方も、
なかなかわからないのは当然です。

ほとんどの場合ホール用に増幅され、
また、自然リバーブがかかりすぎです。

そしてそれ以前に、声自体遠くに届くように
作りこまれている場合もあります。

ライブハウスで見るのがオススメなんですが、
ほんとにすごい方はライブハウスで観れることは少なく、

だから声量というものが認識されにくい・・・

そういう悪循環のスパイラルにはまってしまってます。

それには洋楽のモノホンと日本人の歌手が同じステージ、
同じ条件で歌っている映像を探すしかありませんでしたが、

やっと見つけました(笑)

私がファルセットの練習で散々利用したこの曲をお聞きください。

どうですか?

違いがわかったでしょうか?

あなたが感動したのは・・・
グッチ裕三さんのファルセット?
$ボイトレに行かなくても、歌が上手くなる~☆秘密の裏技☆      
それともフィリップベリーのファルセット?
$ボイトレに行かなくても、歌が上手くなる~☆秘密の裏技☆      

よくファルセットが出せないとか、苦手とかいう方多いのですが、
基本はマネすることで解決出来ます。

ただ使う機会がないとか、そういう曲を歌ったことがないだけで、
10日も練習すれば誰でも出せるようになるんですよ。

前にも言いましたが、
凄いボーカリストの声を生声で聞く機会があればいいのですが、
ま、ネット上ではこれが限界ですね・・・

では、認識が変わったところで(笑)
日々の練習頑張ってください!!

引きつづき・・・

こちらも応援よろしくお願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください