認識を変える・・・声はいっぱいあるんです!!

引きつづき・・・

こちらも応援よろしくお願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

剣史です。

今日も・・・
今まで散々言ってきたことシリーズです(笑)

一番大事な認識・・・そう
「声はいっぱいある」
について理解を深めて頂くために、
ある曲を紹介します。

去年になりますが、デビッドフォスターというアーティストが来日されたので、

彼の最高傑作であるこの曲を聞いてください。

Airplay – After The Love Is Gone

聞いたことありませんでしたか?(笑)
この曲はどちらかと言うとEarth Wind And Fire の方が有名ですが・・・

ま、Airplayバージョンはボーカリストが2人いますし、
コーラスも紛らわしいので、
こちら方がわかりやすいですかね~

Brian Mcknight’s After The Love Has Gone

デビッドフォスター本人がピアノを弾いてましたね~
$ボイトレに行かなくても、歌が上手くなる~☆秘密の裏技☆      

さて、どうでしょう?

声の多さに気づかれましたか?

チエストボイス(地声)、ファルセット(裏声)、
ヘッドボイス(頭声)、ミックスボイス(混声)
などの発声が基本となって、
音程が変わるごとに、響かせる場所が違っているのがおわかりだったでしょうか?

細かいニュアンスやどこに声を飛ばしているか?
声量の強弱などで、かなりの種類の声があることが
分かっていただけたでしょうか?

いい曲ですので何回でも聞けますよね?

自分なりにでいいですので、どこからどこまでが同じ声か?
どこから違う声か意識して何回も聞いてみてください。

そうすれば必ず分かってくると思います。

とりあえず、ジャンルとかは関係なく、目指すところはココなんです!!

ここまで本物の歌が歌えて、感動を与えることが出来て、
はじめて凄いボーカリストと呼ばれるようになると思います

そこで一番大事なのが・・・

どんな曲をコピーするにしても、
最高峰のアーティストから学んで下さい!!

もちろんあなたにとってのトップアーティストで構いません。

前にも言いましたが、
こういうマインドはある意味、
ボイトレや歌の練習する前の段階、基礎の部分ですが、
何よりも大事なんです

あなたも、どうせやるならココを目指してください。

また機会があれば参考曲UPしますね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください