自画自賛力を身に付けよ~!

おはようございます~

2泊3日のセッションから~
他のもろもろの用事がやっと片付いてきた感じの剣史です~(^O^)

 

さて、このセッションは、1年に1回のみ行われるセッションですが、
だいたい参加者は毎年同じ顔ぶれになってきました。

エントリー開始時刻になると、ほぼ1分で埋まってしまうほど人気のセッションですが、
それを知らない方は、なかなか入ってこれない感じです。

ですから参加者が毎年かぶってしまうのです。

では、なぜこんなに人気があるかというと・・・

みんな褒め合うからなんです。

と言っても、一発合わせのセッションですから、みんな思ったように歌えなかったり
演奏できなかったり100%満足に出来ている人は多分いません。

もちろんみんなに一人一人聞いたわけではないですが、表情とかでわかるんです。

でも、よかったところを思いっきり褒めてあげる風潮があるんです。

そして、みんなに褒められることで楽しくなり、「自画自賛力」も高まっていくからだと
私は思うんです。
images (47)

 

という感じで・・・泉谷さんもきっと自画自賛していたからこそ、決して上手いとは言えない歌でも成功できたのでしょう!!(笑)

 

前にも言いましたが、人間の成功を真に支えるものは、高いセルフイメージだと考えています。

しかし、外国と比べると日本人は、
「褒めることが苦手な人種」だと思います。

それは、かつてあった男尊女卑の歴史などの影響と、
大人しい日本人の性格が合わさって出来てしまったのかも知れません。

しかし、人は褒めて育てる風潮が高まってきた今現在でも
そうそう「人を褒めてあげるという風潮」は残念ながら定着していないです.

だからこそ!!!

自分を信じて、自分を褒めてあげる力こそが、
その力を飛躍的に向上させる事が出来るのです。

 

ところでこの「自画自賛」元はどこから来てるかご存知ですか?

それは・・・実は東洋画なんです。

その余白には、他人が歌(賛)を書き添えることが多かったのですが、
それを、絵を描いた本人が書き入れることを「自画自賛」と言いました。

 

今では何故かネガティブなイメージのある「自画自賛」という言葉ですが、本来の意義には、悪い意味はなかったのです。

 

しかし、現代の日本では、その悪いイメージを敬遠したためか、
本来は素晴らしい力を持っている

「自画自賛力」

を失った人が多いと思います。

例え100点wぽ取れなかっても、自分の努力を一番知っているのは
自分自身であるはずです。

しかし・・・

それなのに、人から褒めてもらいたくて右往左往してしまい、誰にも認められないと
がっかりしてしまう・・・

自分でなくても、そういう場面や人に出くわす事、ありませんか?

でもこれは・・・
言い換えれば、他人に価値観を委ねる行為なんです。

私も昔から、つい他人に評価を求めましたりしてしまいがちだったのですが、

今、割と身近に増えてきた、いわゆる成功者を見ていると、

成功したから自信があるのではなく、自信があるからこそ成功している

ように感じるんです。

 

私は過去に・・・歌で完全に自信を失った時、
もう一度自信を取り戻すために、自分なりにできることをやってみました。

 

その中で一番効果的だったのは、過去の上手く歌えた時の素敵な思い出を、
その時の感情と共に思い出して練習することだったのです。

これは心理学では「アンカーリング」というそうです。

人生を前進させる技術の一つとして、しっかりと体系化されているんですよ~(笑)

 

 

さて、セッションの話に戻りますが・・・

歌がうまい人が集まる場所に行く以上は、自信を無くす機会を、完全に回避することは不可能です。

ですから、どんなささやかなことでも、自画自賛することで自分を鼓舞し、折れない心を育てるべきなんです!!

描いた未来に自らを導くために、「自画自賛力」をどんどん磨いてくださいね~

 

ではでは・・・

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ボイストレーニングランキング
おかげさまでずーっと3位キープ中!!ヽ(´▽`)/

いつもありがとうございます~m(_ _)m

ボイストレーニング ブログランキングへ

 今日もワンクリック~
よろしくお願い致します!!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください