自分のキーに限界をつけるな!!

おはようございます~

昨日の地震、久々にびっくりしましたね~!!
私がいた渋谷でも結構揺れました。

ほんとに震度4??
もっとあるんじゃ??と思ってしまったのは、私だけ??(笑)
ま、高いビルの中にいたこともありますが・・・

さて、これはその地震から2時間後ぐらいに、渋谷公会堂のすぐ近くで空を見上げた時に撮ったものです.

IMG_3922[1]

IMG_3924[1]

久々の地震雲ですね・・・
普通はこういう肋骨状の雲があらわれた場合、8日以内に注意!!といろんなところに書いてあります。

念のため、皆さんも注意してください!!

でも、地震があった後に現れるという説もありますので、
そんなに神経質にならなくても大丈夫みたいですよ~

 

 

 

さて、最近またまた恒例の夏の大セッション大会にエントリーしたんですが・・・
ひとつ気づいたことをシェアーしたいと思います。

特に女性・・・
自分の声の限界を低く設定しすぎてませんか?

女性曲がいっぱい挙がっている中で、男性キーの曲にエントリーしている方が3~4人いたんです。

男性は女性曲を歌うことはほぼ高すぎてできないのに・・・

あ、別に文句を言っているわけではないですよ~
せっかくのいい機会なのに、もったいないと思うんです。

自分のキーを決め付けている時点で成長は止まるということです。

得てして、そういう方の歌の共通点は・・・
声も魅力的でないし、声量もなく、細かいピッチが安定してないのです。

これは、長年の経験からして、ほぼ間違いなくそうです。

声量も、声の魅力も、ピッチも、高い声を鍛える事によって
絶対についてきます。

そういうものなのです。

それは、前々回の話と一緒で・・・
自分のキーの限界を決めて、安全に安全に守ろうとしているんです。

キーは上には伸びます!!
限界はありません・・・

確かに一時的に喉のコントロールが効かなくなったり、音程がより不安定になることはあります。
喉を潰す事もあるかも知れません。

でもそこを怖がっていては、いつまでたってもウマくなりません。

自分より高いキーに挑戦しているうちに、今まで歌って魅力がなかった低音域、中音域の声も良くなるし、声量も付いてきます。

これは、私の生徒さんだけでなく、今までの人生で会ったボーカリストほぼ全員に当てはまる共通点です。

上手くなる方は、怖がらずに挑戦し続けているのです!!

『自分のキーに限界をつけるな!!』

この言葉を忘れないでください~

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ボイストレーニングランキング!!
おかげさまで4位にUP~m(_ _)m

ボイストレーニング ブログランキングへ

今日もにゃんクリック!!
よろしくお願い致しますm(_ _)m

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください