脳がすべての邪魔をする?

剣史です。

今日は昨日の話の補足というか、
真理をついている部分についてお話したいと思います。

そう、
「歌うことは簡単だ!」
まずそう思い込むことからスタートしてみてください。

という昨日の記事が、イマイチ理解しづらいというメッセを頂きましたので、

今日はかなり深い部分まで掘り下げます。

ここを説明しないと理解しづらい症候群は
治らないと思いますので・・・(笑)

ではまず・・・
ずーっと子供の頃から感じてた事を、
またまた斎藤一人さんが具現化してくれて??います。

全部で45分ぐらいあるので・・・

時間がない人は
24分ぐらいから見てというか、聞いてくださいね~

どうでしょうか?

脳は良い悪いという判断は出来ないのです。
ただ強烈にイメージしたことを、現実に表せるマルチコンピュータのようだ
とおっしゃってますね。

$ボイトレに行かなくても、歌が上手くなる~☆秘密の裏技☆      
ここまでは考えなかったと思います。

成功法則の本やノウハウ動画なんかを普段から見ている方は
多分、理屈では分かっていると思うのです。

脳が怠けるため?とか、イヤなことをやらないようにしてストレスを避ける為?とか・・・

それを避ける為に脳自身が傷みや苦痛を作り出している。

この発想凄くないですか?

真理を追求し続けている斎藤一人さんでないと
思いつかない発想だと断言出来ますね。

でもこれって・・・
この動画見てから思い出したのですが、
私自身、子供の頃は普通にわかってた気がするのです。

なんか・・・思い出したような懐かしい感覚・・・

皆さんももしかしたら同じかも知れませんね~

劣等感のところでも言いましたが、子供の頃は親の劣等感に影響を受けている・・・

だから生まれた時は純粋な気持ちで、このような発想があったのでは?
と推測してしまいます。

それが、親の観念や影響でだんだん薄れ、だんだん忘れてしまう。

そんな気がします。

脳と魂(ハート)は別に考える。

これも凄い発想ですね~

魂は主人で脳は使用人・・・

今まで両方ともひとつ、というか同じだと思っていたので、
どうしょうもなかったのです。

でも希望が持てました。

というのは・・・

最近喉の調子が悪いのですが、基本ライブ前には
「喉が渇く」「喉がイガイガする」「喉に力が入ってしまう」
などの現象は日常茶飯事・・・

ライブでは8割の実力が出せれば
ウホウホだったのです。

という訳で昨日!!
試しに脳に言ってみました。

「お前がやっているのはわかってるんだぞ!!」と何回も・・・

すると2時間後に歌ったときは、上記症状は何処へやら~

ホント不思議です。

でも脳はいろんな方法で反撃してきました。

そう、違うところに症状を出してきたのです。

今日の自分の場合は・・・
やたら友達から電話があったり、
急に喉が痛くなって咳が出たりと・・・
まるで歌うことをやめさせようとしてるのでは?と思うほど(笑)

でも・・・さらに
「これもお前(脳)だな??」と言っていると、その症状は緩和しました。

不思議ですよね~

でも真実です。

例えば、スランプに陥ったり、思いがけない事態に遭遇したとき
脳(コンピュータ)と魂(ハート)が別と考えるだけで
魂のあなたが、あなたの脳に命令をするだけでいいのです!!
だから凄いのです!!

これは歌だけでなくいろんな魂的成長にも使える発想ですので、
皆さんも前向きに頑張って行きましょう!!

ではでは・・・

今日の記事!!役に立ったと思われている方は
ポチお願いします~


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください