男声の換声点はキツイ?


読者数500人達成しました!!!!

今日の時点で515人に~

ホント有難うございます!!
目指せ読者数600人!!に向けて
頑張ります(^-^)


引き続き~読者登録ボタンをポッチリと!!!!
よろしくお願い致します。

そして、ランキング3位をキープ中!
こちらも応援よろしくお願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

==============

剣史です~^_^

今日も昨日に引き続き、男声について書きたいと思います。

私は今まで、ボーカルスクール講師時代から個人で教えてます現在に至るまで
男性も女性も教えてきました。

私は男ですので、女性に教える事に対しては結構苦労してきました。

ですから男声と女声の発声に関するいろんな違いも、
全てではないですが、少しづつ理解できるようになってきています。

男声と女声では何が決定的な違いかというと・・・

やはり変声期があるかないかということだと言えます。

もちろん女性も少しは変声期があると聞いた事がありますので、
すべての人に当てはまらないと思います。

男の場合~

私自身の経験ですが・・・

小学校の低学年までは出てた高い声が、高学年の後半・・・
6年生ぐらいだったかな??

いきなり出なくなるのです。

ちょっと風邪ひいたようになって、声枯れの大阪の酒飲みおばちゃんの声か??
と思うほど、自分の中の声の違和感は凄かったです。

それまでは、女性アイドルの曲も男性の演歌も~
全然苦しむことなく歌えたのに~

そしてしやべる声もだんだん低くなっていくのを実感するんです。

そして、中学になると~
もう女性アイドルの歌なんて高くて苦しくて~全く歌えなくなってしまいました。

ここまでの話は女性からは聞いたことがありません・・・当たり前ですが~(笑)

ということは、男性の方が、『高い声』を出すのは断然不利ということなんです。

1年前ぐらいだったかな?

友人の女性ボーカリストと話していた時、発声に関して私があることを褒めたんです!!

それは、「最初に聞かせてもらった時よりも、地声と裏声の切り替えが凄く上手くなったよね~」という内容だったのですが。

その女性ボーカリストは、

「それがね・・・実は私、地声がどこまでで、どこからが裏声なのか?よくわからないのよ~」

と、何とも羨ましい答えが返ってきました。

そう、そこまで男声と女声は違うのです。

男声の換声点はG(ソ)~B(シ)のあいだにあると言われているのです。

ここで念のため換声点の定義を・・・

(声区が切り替わるポイントのことを、換声点(かんせいてん)と呼びます。
4つの声区のうち、歌においては地声と裏声が重要です。 地声と裏声は違う声区なので、幅広い音域を歌うためには「換声点をうまく飛び越える」必要があります。
換声点付近の発声は極めて難しく、音程がぶれてしまったり、苦しい声になってしまったりします。 いかに上手く換声点付近を発声するかというのも、歌の技術においては重要になってきます。)

ということで・・・

私も昔苦労していたこのジャケットの曲!!
特に男声の貴方は苦しくなく歌えますでしょうか?

ま、有名な曲ですのでご存知だとは思いますが、オカルトの曲なんですよ
一応訳詞付で乗っけました~
Hotel California – The Eagles

この曲は換声点の近くをAメロ~サビまでずーっと歌っているので、キツイのです。

そう、一部分だけ換声点近くにくるメロディよりも数倍難しくなります。

これが普通に苦しまないで歌えるようになるか?が、

ボーカリストとして成功出来るかどうかの、ひとつのバロメーターになると言えます。

ということで・・・

男性の方は一度試しにコピーしてみることをお勧めします。

ではでは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください