猫の柔軟性を身に付ける!?(笑)

▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆
お陰様で上位をキープ中!!

いつもほんとうに有難うございます~(^O^)

今日も読む前のポチ!!!
よろしくお願いいたします~(^^♪


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆

覇田です。

6月に入りましたね~!!

え??もう2017も半分終わったのか?
なんて思ってらっしゃる方いっぱいいると思います。
月日の流れは早いもんですね~(笑)

さて、そんな今月は今までなかったほど余裕があります!!
と言ってもライブやその他のお仕事があまりないだけで、
リハーサルや作曲など、表に出る機会がないだけですが~

でもある意味自分のペースで出来る部分も多いですので
今月は出来るだけブログ更新していきたいと思います~
でも、ついつい書き出したら止まらなくなってしまい、読み返したらかなり長い!!
なんてことも多々ありますので、短めを心がけて行きたいと思います。

さて、今日のテーマですが
『猫の柔軟性を身に付ける!?』
です。

え??歌に関係あるの??と思った方多いと思いますが、
大いに関係あります!
と言っても、目的は身体全体ではなく、歌に関係が深い『首周り』中心です。
余計に混乱しましたか?(笑)

実は人間は身体全体の柔軟は比較的楽に出来るのですが、
首周りだけはなかなか出来ていないのです。

昔から肩こりとか首こりがあるのはその為だという事です。

 

歌をうたう時に重要なのが『首周りの柔軟性』なのは何となく想像つきますよね?
ボイトレなんかでは、レッスン前にやはり首を前後左右に曲げたり、回したりしてますが、
実はそれだけでは足りないんです。

ではどうすればいいのか??
そのキーワードが『猫』なんです!!(笑)

え??でもどうすればいいの?
と思いますよね?

猫になりきって下さい!!
そうすれば答えが自ずとわかります~(^O^)

肝心なのは首周りでしたよね?

うちの猫の写真では少しわかりにくいですので、
ネットに落ちてましたこちらの写真拝借しました。

 

いかがですか?

 
そう、首こり、肩こりが癒されそうなポーズですよね?
ポイントは人間がなかなかできない背中に首をくっつけるイメージです。

これは歌う前の柔軟体操に取り入れてもいいですが
それだけでなく、普段からやっていると、もしかしたら長年の首こり、肩こりから
解放されるかもしれませんので、ぜひお試し下さい~!!

肝心なのは、『猫になりきる』ことですよ~

ではでは・・・

▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆
今日の記事が参考になったと思う方は再度ポチよろしくお願いいたします~(^^♪


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆
無料講座ご希望の方はこちらからご登録ください☆

メールアドレス

お名前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください