歯を抜いたら、歌に影響は出るか??

お陰さまで
読者様966名さま突破~!!

しかし、人気ランキングは5位にまたまた転落・・・Σ(゚д゚lll)

早速~今日もまずはポチ!!
忘れずによろしくお願い致します~

シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

=================

剣史です~

実は昨日の投稿・・・
何故か反映されてませんでした。

多分最後の投稿ボタンを押し忘れただけなのかな??

ということで、
先ほどアップしましたので、是非見てくださいね~
さて・・・
実は今日、歯を抜いてきました。

といっても”親知らず”で神経もかなり前にとってた歯でしたので、
そんなに痛みは感じないだろうとタカをくくっていたんですが・・・

やっぱり痛い!!

images (13)
これは冗談・・・(笑)

痛み止めをもらってきてましたので、
今は多少マシにはなってますが、流石に今日は歌えない・・・

というのは・・・
実は昨日天下一品を一緒に食べて仲良くなったギタリストとドラマーさんに
とあるセッションに誘われていたのです。

抜いたのが3時頃だったので、夜の時間だから大丈夫だと思ってましたが、
だんだん痛みがひどくなり、そして痛みだけでなく、
少し腫れてきましたので断念しました・・・/(-_-)\

でも・・・
実は私、過去に歯を抜いて痛みがあったのにも関わらず、
ライブをした経験があります。

もちろんライブの日に歯を抜くつもりはなかったのですが、
そのときは生きている歯でしたので、痛みがハンパなかったのです。

そこで・・・
サウンドチェックが終わってから急遽歯医者に行ったのですが、
結果抜かれてしまった訳です。

面白いものですね~
抜かれる前の痛みとは、また別の痛みがライブ中ずっとあったのですが、
何とか歌いきりました。

あとで録音していたのを聞いたのですが、別段ふだんと変わりなく
歌えてた・・というよりも~
むしろ丁寧に歌えてた印象がありました。

自己分析ですが・・・多分・・・
痛いせいで、いつもより冷静になってたから??かな?と。

そしてライブ自体も、いつもよりお客さんの反応がよかったような気がします。

そこで、これはどういうことなんだろうか??
考えてみました。

『ポジティブとネガティブの中間に成功の道がある』という言葉を聞いたことがあるのですが、
これはまさにそうじゃないかと・・・

その時を振り返ると、
ライブに集中しながらも、もうひとりの自分がいて、
別の角度からじっと監視している感じ~

これがいつも出来るようになると良いかも知れないな~
なんて思っています。

今日の話は・・・今も痛いのを我慢しているのもあるし、
あくまでも個人の感想なんで、あまり参考にはならないかもです。

でも、私と性格的に似ている方は、
もしかしたら・・・
ライブ前に歯を抜いてみるのもイイかもしれません(笑)

 

ではでは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください