歌のうまさは立体的!!

お陰様で3位キープ~!!

いつも有難うございます!!
引き続き、応援宜しくお願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

=================

剣史です~

今日は過去に大反響があった過去記事UPします!!

=================

何故か今頃?花粉症?(笑)でくしゃみが絶えない剣史です~(*^_^*)

多分、今回の台風が何かを運んで来たに違いない~!

実は・・・
7月のセミナー前に、お二人様に体験レッスンをさせて頂きました~

そこで、かなり手応えを感じて頂いたみたいなのですが、
実は私も凄い勉強をさせて頂きました。

これは私がボイトレ講師(今の手法とは全く違います)をしていた頃、
薄々感じていた事なんです。

どういうことかと言いますと・・・

一言で言うと・・・

『歌のうまさは立体的である!!』ということなんです。

私は熱帯魚とか、水草レイアウトを趣味としてますので、
たまたま水槽を眺めていて思いついたんです。

そう・・・

声を水槽に例えるとめっちゃわかりやすい!!

のです(*^_^*)

どういうことか説明しますね~

①まずは水槽の大きさです。
これは、私の主張する一番大事な『声量』に当たります。

○声量がある人
覇田剣史の☆The歌道☆Utadow      
○声量がない人
覇田剣史の☆The歌道☆Utadow      

ちょっとわかりにくいかもですが、これは両方とも横幅が60cmの水槽で、
下の方は、奥行きと高さは半分です。

これは水槽の容量に例えられます。
声量のある方とない方では、そもそも基本的な部分で大きな差があります。

これに水を入れます。(=練習してスキルをUPする)

練習するとその高さはだんだん上がっていきます。
高くなればなるほど『歌がうまい』という事になります。

すると、同じ練習量をした場合・・・
声量のない人(小さい水槽)の方が一見、倍ぐらい歌がうまく見えます。

そして、声量のある人(大きな水槽)は、同じだけ努力してますが、
手応えが少ないのです。

実はここが落とし穴で・・・

声量をつけたほうが、それだけ歌がうまくなるスピードが遅く、挫折しやすいのです。

でも・・・

ここが大事です!!

今、水槽を前から見た所で判断してますが、

実は歌のうまさというのは、
『水槽を横から見た所』で判断しないといけないのです。

前からだけでは、高さで判断してしまいがちですが、
実は横から見た場合、奥行きがあるので、小さい水槽と比較しても、
全く劣っていないのです。

お分かりでしょうか?

さて・・・

ここまでは、声量と練習量で比較しましたが、
実は歌の要素というのはそれだけではありませんよね?

そこで、水槽に仕切りを入れて、分けた状態で考えた方がわかりやすいのです。

それぞれ6つの項目に分かれてます。

例えば、左から・・・
①チェスト(地声)②ファルセット(裏声)③ミックスボイス④ピッチの良さ⑤リズム感⑥テクニックと分けます。
覇田剣史の☆The歌道☆Utadow      

それぞれのレベルを練習量(水を入れた状態)で比較、判断するのです。

すると、ほとんどの方が・・・
前から見た状態ではそのたまり具合はガタガタになります。

これは差こそあれど、プロでも一緒でガタガタになります!!

でも『歌のうまさ』は横から見た図でしたよね?

そう、この6つの中から特に突出した所(ほぼ水面ギリギリまで行ってしまっている)があれば、
世間一般的にはその人は『歌がうまい実力派』という評価を得れます!!

ただ・・・

最初はうまいと思われてた声量のない人は・・・
同じようにしてみても~
覇田剣史の☆The歌道☆Utadow      
やっぱり横から見ても高さも低いし、横幅(歌の奥行き感)も無いので
世間一般的に『歌がうまい』という評価は得れないのです・・・

同時にわかっていただけると思うのですが、
よりレベルが高くなっていくと、水槽の高さも奥行もない為、
練習しても溢れてしまって、こぼれてしまうのです・・・

そう・・・

これは非常に勿体無く、長い目で見ると

凄い時間の無駄

になってしまうのです・・・

だからまず声量なんです。

ずっと私が言ってます『声量』が一番大事!!
ということを今日はお話させて頂きました。

いいですか!!??

声量が無いのに、うまく歌おうと思って音程を気にしたり、
ピッチを良くしたり、ビブラートを気にしたり、リズムを気にしたり・・・

全く無意味です!!

それは
『本物の歌とは言えません!!』

無意識に声が小さくなっている方は、歌を歌うんじゃなく

なんでもいいから自分の本当の声を知るために、最大限の声で

あ!!!でも、ぎゃーでも何でもいいので『叫んで!!』ください。

すぐにできます(笑)

大丈夫です!!(*^^*)
喉をこわすのを怖がらないで~!

自転車乗れるようになった時と一緒で、多少の怪我は逆に必要なのです!

そしてその最大限の声で歌うのですよ~(^O^)
どんなバラードでも一緒です!!

以前にも声量に関する記事をいっぱい書いてますので、
是非参考にして下さいね~

ではでは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください