昨日の記事を書き終えて、、、

剣史です。

昨日の記事は見て頂けたでしょうか?

今日はその補足と,ある「気づき」の記事になりますので、是非目をとおして頂ければ有り難いです。

それではまず、「気づき」についてです。

実は私、最近までブログを書こうなんて思ってもいませんでした。

ただ、今個人的に数人に歌を教えていますので、もっと生徒を増やす事はなんとなく考えていました。

自己紹介にも書いてますが、昨年までの8年間ボーカリストとして歌ってきました。
でもその間、自分的にサイコーの歌が歌えた!!と思ったことはホント希にしかなかったのです。

しかしこの1年ぐらいで、多分マインドが変わったことで・・・
今までやってきた事が、まるでパズルがどんどん埋まっていくような感じで、すべての空白部分に収まっていったのです。

苦労してたところが完璧に歌えるようになったり、喉を潰さなくなったりと・・・
歌うことが凄く楽しくなったのです。

それからは、私の歌をライブやセッションで見て頂いてくれた大勢の方に、歌を教えてくださいと言われるようにまでなりました。

ですが何故か?
どうもその気になれなかったのです。

昔はボーカルスクールで教えていましたし、まだ余力はあるのですが、なんか違和感みたいなものがずーっとあったんです。

そして、昨日のあの言葉・・・「奉仕」に気づかされたのです。


ブログを書き始めた理由はまさに・・・
過去の自分のように、歌うことについて悩んだり困っている多くの人達にヒントが与えられるのではないかと思ったのがきっかけでした。

そして、私は多分ある意味マインド部分では境地までいけたのかも知れません。

ボイトレというある意味「お金儲け」につながっている商売の部分を完全に外してしまえば、
そして、教えてしまえばすぐに上手くなってしまって商売にならないノウハウやコツを
日本中の大勢の方に伝えることができるのでは?と思ったのです。

もちろんそのことについておおっぴろげにしてしまえば、ボイトレ連盟?の方々から苦情が来るかも知れません(笑)
でもボイトレ連盟の方々も実は分かってない方が大勢いらっしゃるかも?と思います。

私が8年かかって研究開発したこのノウハウやコツを使えば、明らかに1年ぐらいである程度のレベルに達する事は可能だと思うのです。
そして、ボイトレに通う時間もムダもなくなるのです。

もちろん私にリアルに会うことで、よりわかりやすくなり、得るものもあると思います。
でも、定期的に通って習う事を省いても、1年かければ上手くなるコツを8割方つかむ事が出来ると思うのです(もちろん個人差はありますが)

ここで私がずーっと思ってた事を暴露します(笑)

何故日本人だけ欧米人のように魅力的な声が出せないのだろう?

どうしても、、、
「こんなことしているから日本人の歌のレベルはこの程度なんだろうな~」と思ってしまうのです。

すみません、今日だけではすべて書ききれないのでここまでにします。

有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください