新たなバンド始動!!

お陰さまで3位キープ中!

引き続き、応援よろしくお願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

===================
剣史です~

今日はあるバンドの初リハーサルでした~

そのバンドというのは、私がベースを弾いてた頃のバンドを
何故か?トリビュートするバンドです(笑)

そう、私は当時ベースでしたがこのバンドではボーカルです。

そして、バックのバンドメンバー全て違うメンバーです。

何故?
このバンドをすることになったか?
そもそもの経緯をお知らせしておきますね!!

このバンドのリーダーでもあった、
ヴォーカリストK先輩についての歴史を簡単に説明しておきます。

私がはじめて彼と会ったのは、大学1年の春でした。

そのとき3年生だった彼のその顔は、
まるで黒髪のロッド スチュワート!!(笑)
$覇田剣史の☆The歌道☆Utadow      

赤いロンドンブーツ、赤いスリムパンツ、赤いライダーズジャケットで
モデルのように綺麗な女性を連れて大学のキャンパスを颯爽と歩く姿は
われら後輩にとって憧れの存在でもありました。

当時関西では、このバンドは有名なバンドでした。
映画に曲が使われたり・・・
あの当時まだ京都にいたアースシェイカー、44マグナムからも大絶賛されていたほどです。

大学卒業後・・・

彼はヴォーカリスト&作家として、ホリプロ、ナベプロ 田辺エージェンシーという
当時の3大事務所からスカウトされるという快挙を成し遂げる。

私がそのバンドにベースで入ったのがこの頃である。

結果、田辺エージェンシーに入った彼はそれまでのハードロック路線を覆し
キャラ路線に転ずるが、それは結果、間違いであった・・・

そして、その後も芽が出ることもなく、
それまでの快進撃がまるで夢だったように、
大転落の人生を歩むことになった。

そんな彼にさらに試練が・・・

2010年脳出血にて約3ヶ月間、意識不明・・・
その間、頭蓋骨の一部は外されてたという。

奇跡的に目を覚ますが、右半身麻痺、言語障害他・・・
当然歌は歌えなくなってしまっていた。

その翌年・・・
私と元メンバーとでお見舞いに行った時、
リハビリがてらスタジオへ入ってみた。

歌う気満々である。
でも、うまく歌えないので、自分がサポートして歌った。

彼にとって私は、ベーシストという認識しかないのも関わらず、
そんな彼の願いは、何故かこの自分に受け継がれた。

是非、東京でもいいからやってくれ!!と・・・
そのためには新曲も書くからと・・・

しかし、そんなことをすっかり忘れてしまっていたある日、
本当に送られてきた・・・(笑)

歌詞カードと鼻歌が入ったICレコーダーであった。
彼は本気だった!!ということがようやくわかり・・・

そして、彼の意思を無駄にしてはならない思いから、
関西に集中している元メンバーとは活動自体がむずかしく、
東京でメンバーを探すことに決めた。

運命のいたずらか?
ベーシストだった自分が、何故ヴォーカリストになったのかも、
ある意味その願いを叶えるためなのかも知れないな~とつくづく思います。

このバンドの名曲!を是非聞いていただきたいのですが、
著作権のい関係で、挙げることが出来ません。

ということで、近いものをいくつか挙げておきます。
洋楽になりますが・・・
あくまでも雰囲気です(^-^)
 
Triumph – Air Raid/Allied Forces

Y&T – Forever

Tygers of Pang tang Crazy Nights

あ、もちろん歌詞は日本語のハードロックンロールですよ~

ということで、1月にライブやリます。

が、基本ライブ集客自体は不自由していませんので、詳細を知りたい方!

覇田剣史の歌が聞きたいと思う方は、メッセにて受け付けています。

ではでは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください