才能・・・出来ることだけすればいい!?

▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆
お陰様で上位をキープ中!!

いつもほんとうに有難うございます~(^O^)

今日も読む前のポチ!!!
よろしくお願いいたします~(^^♪


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆

覇田です。

またまた・・・久々の更新になりました~Σ(゚д゚lll)

先週のセッション10曲の怒涛の仕込みから、あけてそれまで溜まってた仕事をやっていると
時間が全くなくカツカツでした。

今回は選曲の中で、自分にとってかなりハードルが高い曲に乗ってしまって
その仕込みだけでかなり時間を使いました。
練習しすぎたせいか、本番前は喉は不調になりましたので、ちょっと反省・・・

セッションは自分を成長させるためでもあるので楽しいです。
でも
楽しくするコツはやっぱり自分が出来ることの少し上を目指すことですね!!

皆様も気を付けてくださいませ~

さて、そんな反省から・・・

まずは、過去の記事を読んで成果が出た方からのメッセをご紹介します!!

東京都Aさん
「小さいところに目を向けて、そこを徹底的にコピーすることを意識するようになってから、ぐんとうまくなりました(自分で言うのが素敵でしょ)。声に色がついたというか、幅が広がったというか、表現力がついたというか、深みが出たというか。
細かく分けて、どう歌っているかしっかり聞いて、真似る。遠回りなようでも、結局のところそれが王道でした。
ありがとうございます!」

これはミクロを追及する記事でしたね~

こうやって自分なりに頑張って成果を出して頂いている方もいらっしゃいますが、
ここが実は落とし穴だったりすることもあるんです。

で、今日のテーマです。

『才能・・・出来ることだけすればいい!?』

要は、今自分に出来ること、出来ないことはあるのは当然!!
という前提から練習しているかどうか?が非常に大事なんです。

ハードル高すぎる、今出来ない・・・難しいと思うことは
『勇気をもってすっとばず必要がある』
ということです。

今はできないことでも、だんだん自分が成長していって階段を少しづつ登っていけば、
いつのまにかその出来なかったハードルが高い部分も『今の自分より少しだけ上』の状態になるんです。

上記Aさんの場合、その選曲がちょうど合ってたということでうまくいった例ですが、
逆もあり得るということなんです。

『今の自分より少しだけ上』の状態になってから練習する方が、
遠回りのように見えて実は近かったりするのです。

この見極めの仕方が非常に難しいですが、結局自分のことは自分しかわからないので
そこはそれぞれの判断になります。

ただ、『イメージング唱法』をやっていると、何となくですがその見極めがわかるようになります。

私自身が失敗したのに、全然説得力ないですが・・・
でも、ハードルは高いことは分かっていたのですよ~(笑)ま、言い訳になりますが・・・
今回はセッションでしたので、歌ってほしいと頼まれた・・・ということです。

ですから、自分で練習する曲の場合は、『今の自分より少しだけ上』を意識して選曲し
その中でも出来ないところは『勇気をもってすっとばず!!』ことを意識して下さい。

もちろん前提として、今歌いたい、歌えるようになりたい曲でないといけないですよ!!

ではでは・・・

▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆

今日の記事が参考になったと思う方は再度ポチよろしくお願いいたします~(^^♪


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

 

▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆▼◆

☆無料講座ご希望の方はこちらからご登録ください☆

ただいま続々と登録してくださる方増えております!!
今ならセミナー動画もプレゼント中!!メールアドレス

お名前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください