感謝の反対は当たり前!!!①

何と!!!現在、読者数が490人!!と減ってしまいました(12月15日21時30分現在)
年内読者数目標500人まで、あと10人!!に増えちゃいました(^_^;)
でも、希望は持ちます~(^O^)

引き続き~読者登録ボタンをポッチリと!!!!
よろしくお願い致します。

そして、ランキング2位にUP~
こちらも応援よろしくお願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

=============================
剣史です~

今日はまた一段と寒くなりましたね~

窓からの夕日~

こっちは天気はいいんですけどね・・・

あすは東北とか北陸は、より厳しい気候になるみたいですので、
そちらの方にお住まいの方は、体調管理にお気を付けてくださいね~

ということで、今日は久々にマインドの持ち方の話です。

今日はあるバンドのリハでした。

一応私がバンマスとして引っぱっているのですが、実は今日こういうことがありました。

前回のリハで、今日のリハまでに、これとこれをやってきましょう!言ってたんです。

で、当然みんなやってくると思ってましたし、疑いも何もなかったんです。

そう、『やってくるのが当たり前』だったんです。

でも、蓋を開けたら、メンバー全員が誰も手をつけてない状態で~

凄い残念・・・を通り越して、『怒り』が出てきたんです。

普段、怒ることなんて無い温厚な私からしたら、非常に珍しいことです(笑)

で、つい演奏を止めて・・・

「構成も何もかもむちゃくちゃだし、今日はこの曲やってもしょうがないのでやめておきましょう!!」と言ってしまいました(^_^;)

ま、当然悪い雰囲気になってしまいますよね~?

その時、自分の中の「内なる声」を思い出す限り書き出すと・・・

あれ、何かみんな自信なさそうな演奏だな?
ま、演奏止まってないから、そのまま歌うか~
あれ、でもギターがコード間違えたな~
ケアレスミスだと思って、ま、歌うか~
えーつ!!!そこブレイクでしょ?
しかもみんな止まってないし・・・
みんなで間違えるってどういうこと?
なんで前回言ったのにやってこないの?

皆さんはどう思われますか?(笑)

多分バンドやってる方で、バンマスとして引っぱっている方は
よくある出来事かも知れません。

「1回言えばわかるでしょ?なんでわかんないの?」

こんな自分自身の内なる声を聞いている方は、バンドだけじゃなく、

例えば、子育てや仕事に於いても、沢山いらっしゃるのではないかと・・・

でも、、、、

「人を統制するのには、同じことを10回言う必要がある!」

というのが、常識だとしたらどうでしょう・・・??

多分、怒りの感情は出てこないと思います。

そして・・・
10回言えば~という制限も、実は無かったりします。

10回言って分からなければ、20回言ってみる。
20回言って分からなければ、30回言ってみる。

そのうち分かるようになるので、そこまで何回でも言ってみる。

「何回でも言う必要がある」というのが常識なら、
全く怒りの感情は出てこないのです。

邪魔しているのは・・・・

今までの経験から・・・

これぐらいは1回言えばできるだろうという『観念』なんです。

それは、今まで培ってきたあなたの経験や、親の観念を受け継いでるだけなんです。

ここで・・・

何回も聞かされている相手も嫌なのでは?

という疑問も出てくるかも知れませんが・・・

その怒りの感情が出てこない状態で、何回でも優しく言っていれば、
相手も気持ちよく~何回でも聞いてくれるのです。

もし、相手が嫌になってしまうのが見えたなら、
それは、あなたの観念がまだ完全に払拭出来ていないだけだと思います。

何回もで分かるまで言う・・というのを常識=あなたの観念にすれば、

実は人間関係もスムーズに行く事に繋がるのですよ。

今日は、この出来事を例題にして、

実はこのタイトルの「感謝の反対は当たり前!!!」

の「当たり前」を説明していました。

そう、それが、「あなたの中の常識、観念」なんです。

では、その前の「感謝」というのはどういうことか?

実は、私自身、このバンドのメンバーに対する「感謝」を忘れていたのです。

どいうことかと言うと・・・・

あ、時間切れ~(^_^;)

次回の記事で改めて説明します~

ではでは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください