感謝の反対は当たり前!!②

何と!!!現在、読者数が496人!!(12月16日22時30分現在)
年内読者数目標500人まで、あと4人です~!!
今日1日で6人様も~(^O^)

ホント有難うございます~
ということで・・・引き続き~読者登録ボタンをポッチリと!!!!
よろしくお願い致します。

そして、ランキング2位をキープ!
こちらも応援よろしくお願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

==============

剣史です~^_^

今日は昨日より、また一段と寒いですね~

今週半ばには東京にも雪が降るとかなんとか~


また新宿はこんな感じになるのかな??

皆様、体調にはくれぐれもお気を付け下さいませ!!

ということで、今日は昨日の続きです~

でも・・・

自分で言うのもなんですが、かなり「深いい~話」ですよ(笑)

昨日の記事をご覧になってない方は、読む前にちょっとおさらいしておいて下さいね~

では始めます。

昨日の要点として・・・

「これぐらいは1回言えばできるだろう」という『観念』が
自分の中に有ったことに、お陰さまで気付けたんです。

そして、タイトルの「感謝の反対は当たり前!!!」
の「当たり前」の部分を昨日の記事で説明したということでしたね。

では、その前の反対語の「感謝」というのはどういうことか?

実は、私自身、このバンドのメンバーに対する「感謝」を忘れていたのです。

どいうことかと言うと・・・・

ちょっとバンドの例だと説明しにくいので、一般社会人の例え話をします。

例え話といっても、これは本当の話です。

>>>>>>>>>>>>>>>>
主人公をAさんとします。

彼は事あるごとに上司のBさんにつつかれ、いじめられ、怒鳴られ~
それはそれは酷い仕打ちを受けていました。

「もうこんな上司の元では働くのが嫌だ~」
「会社行くのが辛い・・・」
「もう、会社やめてしまおうか~」

とまで思って、ある人(Cさん)に相談したそうです。

そうしたら、そのCさんはAさんにこうアドバイスしました。

「これはとっておきの方法なんだが、その上司に向かって感謝してます!!いつも有難うございますって言ってみな~」「そうしたら、いろんなことが劇的に変わるから・・・」

Aさんは、どういうことか分からなかったけど、とりあえずCさんに言われたとおり、
次の日から少し葛藤を持ちながらも~

いつものようにつついてくるBさんに対して「感謝してます~有難うございました」
と言うようになったんだそうです。

そして、暫くしたら・・・
何とその上司BさんはだんだんAさんのことをいじめなくなったそうです。

そして、それだけでなく・・・
最近では飲みにも誘われるようになり、普通に一緒に飲みに行っているそうです。

>>>>>>>>>>>>>>>>

この話・・・あなたはどう思いましたか?

多分ほとんどの方が、こんなミラクルな出来事なんて起きるわけがない!!
と思っているでしょう~

でも、これは起こり得るんです・・・

それは何故か??

「なるほど~」という理屈があります。

では、それは何でしょうか?

と、気付いたらもうこんな時間・・・

ということで、また久々に問題にします~

『Aさんが、Bさんにいじめられなくなった、もうひとつの理由とは?』

もちろん、このままでは難しすぎるのでヒントを出します~

◎ヒント・・・Aさんが、感謝しますという言葉を上司のBさんに言う以外にしていた行動があります。
ちなみにこの部署には~Aさんと仲のいい同僚が10人ほどいます。

では、またコメント欄やメッセージにて、その理由を送ってくださいね~

ではでは・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください