太い声を出すのも発声には不可欠??

記事を消してしまって落ちてしまっていましたポチ率が、おかげさまで、だんだん増えてきています)^o^(
また1位を目指していますので、読む前にワンクリック頂けるとありがたいです!!
どうぞよろしくお願い致します


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

=========================
剣史です~

皆さんはお酒のおつまみは何が好きですか?
ま、おつまみもいろいろあると思うのですが、最近はダイエットにもいいと言われている
おつまみを研究しています。

で、実は最近ハマっているのがこちら!!

『キス骨せんべい』
69c7ede0c6fc1817e7c609e827766bd9
特に100円ローソンにあるのは量が少ないですが
これが大変美味~!!

100円ローソンすべての店舗に置いてあるわけではないですが、
これはハマりますよ~

癖になる味です・・・
メーカーは確かスイートボックス。

是非お試しください!!

ということで、今日のテーマ!!

『太い声を出すのは発声では不可欠??』です。

最近というか、ここ数十年は声が高くないといけない風潮があって・・・

ついつい高い声を出そうと意識してしまいがちですが、
実は『太い声』は高い声を出すのにも不可欠だと思うのです。

でも、秋川さんの「千の風にのって」が一時流行ったように。高い声だけがすべてではありません。
海外にもまさに『太い声』で成功しているアーティストもたくさんいます!!

では、とりあえずこちらをお聞き下さい!!

Tears For Fears – Sowing The Seeds Of love

いかがでしょうか?

このPVはボーカルの口も見れるのでお分かりかと思うのですが、
少しクラッシクが入っている発声です。

口を大きく開けて、喉も開き、唇で音程を取っているような歌い方・・・
おわかりでしょうか?

で、なぜ太い声が高い声に必須なのかというと・・・

それは倍音に関係します。

あまり高い声ばかり練習していると、実はあまり声量UPが出来ないのです。

これはやってみないとわからないかも知れません。

高い声の練習ばかりでは、声自体が薄くなってしまうのです。

これは私の経験からも、生徒さんに教えた結果からも明らかです。

その辺も含めて、今教材を制作していますが、ほんと膨大なコンテンツになりすぎて、
わかりにくい部分も出てきそうです。

まだまだいろいろ改良する必要がありますね~

ということで、『太い声』も意識して選曲し、練習してみて下さいね!!

ではでは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください