声量=歌で感動を与える素晴らしいもの

少しご無沙汰してましたが、剣史です。

あなたは歌う時、自分の声の大きさについて誰かから指摘された事はありますか?
例えば・・・大きいとか、小さい(←少し違う方向へ行きそう・・・なんで)改めまして、

聞こえないとか?(笑)

昔、自分はバンド以外で歌うことが苦手でした。
なぜなら、カラオケに行くとみんなに嫌がられていたのです。(笑)

それはどういうことかと申しますと・・・
自分で歌うよりも、人が歌ってる曲をハモることがめっちゃ大好きだったのです(笑)
←通称ハモラ~というらしい??

しかも主旋律以上の声量で歌うので、歌っている人がつられて歌いにくくなる・・・(^ム^)

履歴見ればわかるかと思うのですが、昔はベーシストでコーラスもやってました。
しかもジャンルはヘビメタ・・・

VOは声が大きくないと話にならないジャンルですので、それをハモる私の声も自然に鍛えられたのか?めっちゃデカくなってしまっていたのです。

実際、当時イベントなどでよくご一緒してました超有名ヘビメタボーカルさんと打ち上げ行った時、
たまたま隣に座っていた私のリクエストにこたえて、某曲を歌ってくれたのです。

結果・・・
鼓膜が破れるか!!!??

というぐらいすごい声!!!!!

右耳が痛くなり、しばらくは右側から聞こえるはずの話が、ツーンとして聞こえない状態になってしまいました(笑)

もちろんうちのバンドのVOも声はデカかったのですが、、、
それは、、、、この世のものとは思えない(←めっちゃ大げさですが)まさか!!の声だったのです。

そして、もう一つのエピソードも紹介したいと思います。

たまたま1年ぐらい前?TVをつけたら、森昌子さんと安住アナがカラオケ屋に入るシーンでした。

安住アナのリクエストで森さんが「ヒュルリ~~ヒュルリーララーぁ~」と歌った瞬間!!!

安住さんが、横に飛んだのです(笑)
そして、びっくりした形相で片耳を抑え、森さんを見つめ・・・
しばらくその「驚きの固まり」は続きました。

何が言いたいかと言うと、それぐらい売れているボーカリストは声量が凄いんです!!

これはTVやライブで見ているだけではわからないです。
生声でないと・・・・

ということは・・・

感動を与えることが出来る歌というのは、まず第一に「声量」から始まるといっても過言ではないのです。

ですから、ボイトレ的には・・・あまり重要視されないようですが。

というより・・・

筋肉の発達に密接に関係するものでもあるので、時間がかかるのです。

ですから、先生は腹式呼吸とともに少し概念的なものを教えて終わる、、、というか、
おろそかになることが多いようです。

ですからまずは!!
音程取ることや高い声を出せるようになることに頭使うより、、、、


「声量をどうやってつけるか?」
に重点を置くことの方が大事なんです。

なぜなら・・・
声量がない=声が小さい  

ほうが、断然!!音程は取りやすいからです。

想像してみてください。
応援団の団長が、あの声で甘いバラードを歌っているところを・・・(笑)

多分・・・ジャイアン状態です。
音程なんてとれません。

では、どうすれば声量を鍛え身につけることが出来るか?

いろんな方法が有ります。
そして、それはひとつのコツになりますので、「99のコツ」カテゴリーでいずれお話したいと思います。

今日はここまで読んで頂いて有難うございました。

剣史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください