声はいっぱいある!シリーズ(^O^)

お陰さまで2位キープ中!!!
引きつづき・・・

応援よろしくお願いします!!

シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

====================
剣史です。

昨日、一昨日の記事で問題があったところの修正完了しています~

文字を入力し直したら、直りました~( ̄▽ ̄)

でも、原因はいまいち分からず・・・

ということで~

昨日のセミナーで終わり際にご質問頂いたのですが、

それは~

『いろんな声を出すにはどうしたらいいですか?』

という内容でした。

結局時間切れで、ちゃんとお答えできなかったので・・・

今日の記事は~

一番大事な認識・・・そう
「声はいっぱいある」
について理解を深めて頂くために、お話したいと思います!!

とりあえず、その方は女性でしたので、
この曲をご紹介します。

Anita Baker (Sweet Love) live

アニタベイカーご存知でしたか?

この声に、どういう印象を持ちましたでしょうか?

そう、一言でいうと『太い声』ですよね?

これはライブなんで、ちょっと雑ですが、

この曲も入ってますフルアルバム見つけましたので
是非聞いてみて下さい!!

かなりの名盤で、私も一時期すごい勢いで聞いていました。

Anita Baker – Rapture ( full album )

聞いたことありませんでしたか?(笑)

さて、どうでしょう?

声の多さに気づかれましたか?

チエストボイス(地声)、ファルセット(裏声)
ヘッドボイス(頭声)、ミックスボイス(混声)

などの発声が基本となって、
音程が変わるごとに、響かせる場所が変わっていること・・・

そして、シフトチェンジしている所は、
急に声のトーンが変わっている所はおわかりだったでしょうか?

細かいニュアンスやどこに声を飛ばしているか?

声量の強弱などで、かなりの種類の声があることが
分かっていただけたでしょうか?

もしわからないという方は、
このアルバムの中の好きな曲1曲選んでください!!
それを何回何回も聞いてください!!

そして自分なりにでいいですので、どこからどこまでが同じ声か?
どこから違う声か意識して注意深く聞いてみてください。

そうすれば必ず分かってくると思います。

今日は「声はいっぱいある」の女性版ですが・・・

もう一つ言っておきたいことがあります。

そう、それは最初に言った「太い声」です。

女性・・特に日本人は、声が細い方が多いのです。

そして、一見それはあまり問題視されないのですが、
私は、そこに大きな問題があると思っています!!

女性ボーカリストがまずしなければならないこと!!

いろんな声が手に入れたいなら、高くて細い綺麗な声や、いろんなテクニックに注目してしまうその意識を一度・・・
低くて太い声の方に意識的に持っていってみて頂きたいのです。

一度思い込みを捨てて素になることで、こういう発想が出てきます。

あまり一途に思い込むよりも、少し遠回りすることで、
歌がうまくなる可能性も出てくるのです。

そこで忘れないで頂きたいのですが、
一番大事なのが・・・

徹底的に真似る!!
ということです。

あなたの声をけっして決めつけないでください!!

そして、自ら可能性を閉ざさないでください。

「わたしの声はこんな声なの~」と思った時点で、

前に進まなくなります。

アニタベイカーのように本物の歌が歌えて、
感動を与えることが出来ることで、
はじめて凄いボーカリストと呼ばれるようになると思います

そしてもう一つ注意点なんですが・・・

絶対~!!
最高峰のアーティストから学んで下さい!!

もちろんあなたにとってのトップアーティストで構いません。

前にも言いましたが、

こういうマインドはある意味、
ボイトレや歌の練習する前の段階、基礎の部分ですが、
何よりも大事なんです

あなたも、どうせやるならココを目指してください。

また機会があれば参考曲UPします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください