地声をそのまま伸ばす??だから高い声は出ないんです!!

=====================

お陰様で上位をキープ中!!

さて今日の順位は??

シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

======================

覇田です!!

珍しく夜中更新・・・(笑)

 

さて・・・
一昨日に無料講座の不具合が見つかってから、
すごい勢いで、登録頂いてます!!

ありがとうございます~!!

でも・・・ほんとちょっと不思議だったんですよ・・・実は。

イイねとか100越え記事もあるし、PVも現にこの3日は1000超えているのに
無料講座だけ誰も登録してくれない・・・

おかしい、おかしいと思いつつ、日々の忙しさにかまけて、
ちゃんと見てなかったのですから自業自得~~~反省(´・ω・`)です。

一番ご迷惑おかけしましたのが、この不具合があった2ヶ月の間に
何度もトライして頂いて、講座は終わってるじゃん!!おかしいな~と思ってた方々です!!

本当に申し訳ございませんでした~m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

 

さて、気を取り直して・・・(苦笑)

今日のタイトル『地声をそのまま伸ばす??だから高い声は出ないんです!! 』
にありますように、
未だに地声を伸ばして、高い声を出そうという風潮があることに気づきました。

なぜ気づいたか??

それは、少しジャンルの違う・・・でも声を扱うお仕事をされている方のお話を聞いたのがきっかけでした。

ジャンルは違う・・・と言っても、そのスクールにはボーカル科もあって、
しかもその方が教わっている先生が、ボーカル科も教えているらしいのです・・・

で、地声を鍛えるしか発想がない・・・

これは、ありえないお話です。

すぐに喉を痛めます!!

もしやっている方がいましたら、すぐにやめてください!!

ある意味、声量をつけたり地声を魅力的に伸ばす・・・つまり鍛えられるのは、
高音発声の練習を正しく行った場合だけです。

歌がうまくなる為には、喉、声帯、口腔、腹筋その他の筋肉が絶対必要なんです!!
そしてそれらをうまく使ってシフトチェンジする・・・これが正解だと思うのです。

ですから、地声だけを伸ばすというのは・・・おかしい・・・のです!
頭を使う
私はこのブログの初期から何回も『声はいっぱいある』という記事を書いてきましたが、
それは地声を伸ばして手に入れれる事ではないのです!!

そして、それに必要不可欠なシフトチェンジの仕方を教えている先生があまりにも少ないのも
少し気がかりです・・・

ブログランキングの私より上位にいらっしゃる方をたまに覗いていたりしますが、
今のところ、シフトチェンジについて触れている記事は見る事がないのもおかしな話です。

今日は、地声を鍛えるしか発想がない・・・ことに対して、非常に危機感を持ってしまったので
急遽記事にしました。

もし、あなたの周りで地声を伸ばそうとしている生徒さん、先生がいらっしゃるなら
非常に危険だ!!ということでお話させていただきした。

ではでは・・・
=====================

☆THE 歌道場 無料講座☆

いよいよ
最後の募集です!!

この1年間たくさんのご応募ありがとうございました!!
ほんとうに感謝していますm(_ _)m

しかし、私も進化の過程で次の展開に移っていきます為、
非常に残念ではありますが、4月30日24時で締め切ります!!

登録しようと思ってたけど、まだ登録されていない方!!

興味はある・・・でも・・・どうも踏み切れない・・・とお思いの方

「覇田剣史、行動力」で検索して、過去に書いた沢山ある記事を読んでみて下さいね!!

そして、ほんの一瞬でもいいです!
クリックする行動力が湧いてきたなら、是非受講してみて下さい!!

☆THE 歌道場 無料講座☆

◎歌がなかなかうまくならない方
◎高い声が出なくてお困りの方
◎声量を増やしたい方

心理学を取り入れた今までにない独自の講座です!!

もしかしたら・・・
「本物の歌を自由に歌いたい!!」
という あなたの夢が叶うかもしれません。

ブログではお伝えできない歌がうまくなる為の裏情報や、
「そうだったのか!!」と納得してしまう内容も盛り込んであります!

そして更に今なら!!

☆覇田剣史のTHE 歌道場☆ 
セミナー動画(約1時間25分)

をプレゼントします。
(こちらも4月30日24時まで)

本当にこれが最後のチャンスです!!

ご希望の方は、こちら↓↓↓をクリック!!

☆THE 歌道塾☆ 無料講座に登録する!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください