喉のリラックス~座って練習?

剣史です。

今日も歌にとって一番重要な首回りのリラックスについてお話したいと思います。

あなたはボイトレに通った事ありますか?

もし通ってるとして、そのレッスンは立ってやってますか、それとも座ってやってますか?

あなたは恐らく、立ってやってます!!と答えるのではないでしょうか?

実は私がボイトレ行ってた時もそうでした~

これはほとんどの教室がスペースなどの問題含め多分そのスタイルにせざるを得ないからだと思います。

また、マインドの話になりますが、常識と思っている事でも、まず疑ってみて下さい!

実は私もボイトレ通ってた当時、立たないと高音がうまく出せないとすら思っていた時期もありました。

でもある時、それは関係ないと気付いたのです。

というよりも、むしろ座って練習した方がいっぱいメリットがあることを確信したのです!

それは、、、

一番なのはやはり無駄なところに力が入りにくいというメリット。

次に、下半身がフリーなので、腹筋を意識しやすい事。
これは意外に大事で、腹式呼吸の横隔膜を下げる状態と音程(喉の状態)が連動しているのが、非常に分かりやすいのです。

そしてもうひとつメリットがあります。
他の部位が気にならない為、口まわりに意識をもって行きやすくなるのです。

音程によって何処を響かせたら一番楽かが分かりやすいのです。

でもあくまで個人練習の時だけですよ~

もちろんカラオケは座って歌う事が多いと思いますが、まわりの環境がよくありません。

あくまでこの方法は意識を集中出来る時に一度試してみて下さい。

でも、立って歌う事を否定している訳ではありませんので、最初は半々の割合でやって頂けるといいと思います。

今日も有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください