今後に役立つ??アンケートのお願い!!

シンガー・ボーカリスト ブログランキング

一瞬か?2位にUP!!!( ̄▽ ̄)


今日も読む前にポチ!!!
応援よろしくお願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ


==============

剣史です~

やっぱり、東京は今日も寒かったですね~

雪の日よりも寒いです・・・

今日はいろんな人に寒さの感想聞けたので、
寒いというのは私の体調不良のせいだけではなかったようです~!!

ただ、風邪のような症状は治まらないので、
多分花粉かPM2.5のせいでしょう~(^-^)

ということで・・・

実は昨日~
嬉しいお便りをいただきましたのでご紹介します!!

この方は、某女性プロボーカリスト様です。

(ご本人様の許可頂いております・・・)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
先生お久しぶりです~
(中略)

実はですね、、
メールを久しぶりに送るまえまでレコーディングでずっと行きづまってて、、

ケンシさんの、ブログを久しぶりにみてちょっとその中からヒントを得て練習してみたんす。。

そしたら、急に沢山のことが改善されてきて、、周りもその変化に何か頑張ってるの?とか、、反応が変わり始めて、メンタルも少しずつ、、

そして今日ですね、

長年の悩みだったオリジナルのレコーディングが、、なんと!通しでスリーテイクで終わったのです!!

すごく泣いてしまいました、、、

感動して、、、

感謝しました。。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

いや~素晴らしい!!
ほんと自分のことのように嬉しいです!

実は、ボイサルを受けた生徒さんからは、よく感謝の言葉頂きますが、
ブログの記事だけを読んで~というのはマジで初めてです^_^

やはり、効果を出していただいている人は、
自分で考え行動することが出来た方だと思います。

○○さんの努力の賜物ですね~!!

こういう言葉を頂いたり、感謝されると、このブログの目的でもある
「歌の悩みを解決出来ているんだ」たという充実感と共に~

「人助けが出来てるんだな~」とつくづく実感できます。

もちろん今後の活動の励みにもなりますし、
このブログの所信声明とも合致していていましたので、

非常に嬉しかったです!!

そして・・・
もっといい、わかりやすい記事をたくさん書いていかないと~
という衝動にも駆られてしまいました!!!

そう思い、○○さんに、できればどの記事がヒントになったかの質問させて頂いたのですが~

暫くしたらこんなお返事がありました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
あたしが、大きく今回のまた転機になったのが、

ブレスは吐く、ことを意識するという記事でした。

そこから、
自然とブレスの位置を決めていく必要性と重要さが開けたことでした。

その時に、リズムやコードの流れをつかむ力が自然とついてきたので、
歌う力が相対的に上がったのです。

(以下略)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

という事は、最近のものかもですね~

多分~大事な過去記事を挙げたのを見ていただいて~
いい結果に繋がったということですね!

やはり、こうやって過去に書いた大事な記事をリニューアルUPする事って
大事だな~と痛感致しました。

これからも過去の役に立ちそうないい記事を、
少しずつでもリニューアルしていきたいと思います。

ということで~

今後、記事を充実させていく上でお願いがあります。

このように・・・
昔は歌いづらかった曲が、歌えるようになったとか、
高い声が楽に出るようになった~など・・・

私の記事を見て練習したおかげで、
良くなったところを教えて頂きたいのです。

もちろん良くなかった所や、わかりにくかった記事なども
教えて頂けると有難いです!!

最近は(この何日かは)コメント、メッセとも返信出来る余裕が少しありますので~

先程も言いましたが、この回答結果を元に
もっといい記事をいっぱい配信して行きたいと思います!!

ということで、今日は皆様へのお願いで締め切ってしまいますが~(>_<)
以下のテンプレコピーして頂いて、

メッセorコメントにてお知らせください!!

☆覇田剣史のTHE歌道に関するアンケート☆

①役に立った記事(タイトル)とその効果

②これは違うでしょ?と思う記事

③気になるけどわかりにくい記事

④質問疑問を遠慮なく~

全部回答する必要はありませんので、時間のある時にでも
送って頂けると幸いです!!

ということで、どうぞよろしくお願い致します!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください