世界を股にかけているアーティスト yazawa!!

お陰様で上位をキープ中!!

さて今日の順位は??

シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

===============
剣史です~

今日はまずこの動画をご覧下さい!!

Eikichi Yazawa performing
“Don’t Be Cruel””Heart Break Hotel”
London Wembley Stadium Aug 16, 1997

如何でしょうか?

私的には以下の凄いアーティストと一緒に、しかも堂々と歌っている矢沢永吉さんのお姿に
感動すら覚えました!!

ボンジョビやロッドの横に立っている姿に鳥肌が立ちました。

出演
Eikichi Yazawa
Rod Stewart
Jon Bon Jovi
Chaka Khan
Seal
Robert Palmer
K.D. Lang
Toni Braxton
Steve Winwood
Mary J. Blige

まさに”世界の矢沢”と言われる所以です。

この前後から彼はバックミュージシャンにアメリカやイギリスの有名スタジオミュージシャンを使っていた事は有名です。

でも、それから約20年、海外アーティストと共演を果たしている
日本人アーティストはいるのでしょうか?

私の認識しているところでは、多分いないです。

そもそも私がブログを始めたのは、
何故日本人だけ欧米人のように魅力的な声が出せないのだろう?
というところからでした。

永ちゃんの歌も凄く良かったのですが、テクニック的にはいわゆる
”がなり”
がカッコイイ良かったですね~

曲がテクニックをあまり必要としない曲でしたので
他の表現力に関してはよくわからなかったのが少し残念でしたが。

しかし、カメラが追いかけているというのを除いても、
永ちゃんの存在感は、一番あったんではないでしょうか?

さて・・・・

急に現実に戻っていただきますが。。。(笑)

結局のところ日本人ボーカリストは世界に通用しないレベルなのか?
その後もいろんなアーティストが果敢に挑戦はしているのですが、全くだめみたいですよね・・・

やはり声の深さやテクニック、表現力でかなり劣っているのではないでしょうか?

ずーっと読んでいただいている方はお分かりでしょうが、私の夢はまさに
『世界に通用するボーカリスト』を育てる
ということなんです。

 

 

もちろん、私自身もまだまだ成長過程で、通用するとは思っていません。

でも、誰よりも研究している自負はあります。

外人の一流ボーカリストは、発声の知恵の輪を解くような難しさはありましたが、
長年の研究の成果で、そのノウハウは確立しつつあります。

でも、一進一退しているのも事実です。

違ったり、失敗した時に必要な意識や考え方はやはり
変える必要があるのです。

しかし、間違ってないと確信した研究結果は・・・

不思議と研究途中で、いろんなセレンディピティ(ヒラメキのようなもの)が降りて来ているのです。

そして・・・

今の発声の延長線上に、いずれいま研究しているあの声が出せるというのが見えるのです。

もちろん、根拠があるわけでもありませんし、現時点では完全には証明出来ません。


そのためには、さらに私自身ももっと頑張って研究し、
それをわかりやすく伝える術を身につけていくしかありません。


さて、話を戻しますが・・・

一般的に夢というのはかなわないのが常です。

でも、自分の中では目標に近づきつつあります。
目標は現実的に可能なことになるからです。

最初は夢だったものが、現実的な目標に変わって行き、
そこから『どうするか?』を考え始めたのです。

私の・・・夢は〇〇〇だ!というところから抜け出すのは時間がかかりました。
夢のままにしている方が実は楽なんですが、目標に結び付けないと行動に移せなくなります。
そして、大事なのがイメージングです。

いきなり野球の例えになりますが、
ミュージシャンではまだいなくても野球では夢が現実化しているので・・・

まーくんはじめ、若手の選手が海外で成功しているのは
イチローや野茂を見て、そのイメージングが簡単に出来ているからだと思うのです。

ですから、常に一流を意識して見て研究して・・・そしてイメージングする。

自分がまさにそうなっているところを~具体的にイメージングするのです!!

これが正道です。

永ちゃんも、常に自分のサイコーの状態をイメージしていたからこそ
ビックを通り越してグレートになったと言っています。

私はいずれ野球と同じように、日本人でも全米NO1に輝くアーティストが出る時代が来ると
本気で思っています。


だからその手始めとして、私の研究してきた成果を
上記無料講座でお伝えさせて頂いているのです。

私自身もまだまだ先は長い道のりです。
でも、永ちゃんのように凄いところまで近づけたアーティストがいるのも事実です。

それは非常に励みになります!!

目標にたどり着くまでは、決して諦めませんので
今後ともどうぞ見守ってやって下さい!!

ではでは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください