ブロリコってご存知??

剣史です!

今日は今から、もうひとつのCT検査結果発表!!!

自分の番号あるかな~~・・・・(-^〇^-)
じゃあなく・・・(-_-;)

いざとなったら、怖いもんですね~

自覚症状ないので大丈夫!!!と気にもしてなかったのですが、
もし何かややこしい病気だったら・・・・

こんな経験ははじめてなので、余計にナーバスになってます。

という事で

もし万が一ややこしい病気だったら??
と思い・・・いろいろ調べてみたのですが、

今のところこの情報が結構信頼できるかと・・・

http://www.brolico-research.jp/page/immunity03.html

ここから引用・・・

イマジン・グローバル・ケアは、予防医療で社会に貢献したいという強い思いとともに、
5年もの歳月をかけて東京大学と共同研究を進めてきました。

そして、カイコを使って免疫力を測定する方法を発見しました。

カイコは人と同じ病気にかかり、人と同じ薬で治るといわれています。

カイコの免疫細胞に活性化物質が結合すると活性酸素が放出され、ある蛋白が活性化し、筋肉を麻痺させ、収縮させます。

成分の免疫活性度が高いほど、筋肉の収縮度合いが大きくなります。

発見により、カイコの筋肉に様々な物質を注射することで、自然免疫を活性させる作用がある成分とその活性度を知ることができるようになりました。

そして、イマジン・グローバル・ケアと東京大学は5年の歳月をかけて、自然免疫を高める成分を発見しました。

その成分を「ブロリコ」と名づけました。

$ボイトレに行かなくても、歌が上手くなる!?   ☆秘密のコツ&裏技☆      

ブロリコは今まで世界にない新規の成分です。

この測定方法を発表した論文は世界的権威のある生物学誌
「the journal of biological chemistry」に掲載されました。

当社研究所所長 小方康之が
ブロリコについて、車いす応援雑誌「WaWaWa」に好評連載中です。

色々な野菜や、免疫力を高めるといわれるアガリクス、メカブフコイダンなどで免疫力を測定したところブロッコリーから抽出されたブロリコが一番高い活性を示しました。

ブロッコリーに含まれるブロリコは自然免疫、特にNK細胞と好中球を活性化させます。

ブロリコのパワーは免疫活性効果があるといわれるメカブフコイダンの385倍、酵母やアガリクス、ハナビラタケに含まれるβグルカンの55倍です。
(※βグルカンの値は、酵母由来の精製されたもの)

また、同様にβグルカンを使用した医薬品である抗悪性腫瘍剤と比較しても、ブロリコは2.3倍の活性を示しました。

※このデータはブロリコの純度を高めて行った最新の実験によるデータです。

他にこんなわかりやすい記事も発見しました
http://ブロリコ.net/

という事で、

もしたとえ癌であっても、抗がん剤治療は受けずにこのブロリコで
頑張ってみようかと・・・(笑)

でも高杉~高すぎいぃぃぃかいはつぅ~

と関西でしか受けないギャグをさらりとかわして・・・(笑)

もし明日以降

このブログの更新がなかったら、緊急入院してると思いますので許してくださいね~

でも多分・・・

何事もなかったように更新してると思いますが(笑)

では、病気を直すパワーを下さい!!!(-^〇^-)


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください