フラット癖はこう直す!!

剣史です。

たくさんのメッセージや質問頂いておりますが、
今のところ全く追いついておりません・・・

でも必ずお返事致しますので、今暫くお待ちください~(ー_ー)!!

では、今日のテーマ

「フラット癖」

なんですが・・・・

誰でも一度は経験されているのではないかと思います。

特に大音量系のバンドのヴォーカリストはこの罠にハマる可能性高いです!!

どういう現象かといいますと、
一時的にサウンドの芯となるキーが見えなくなるのです。

その原因は様々ですが、

○モニター環境が普段と著しく違いすぎた場合
○ギターとベース、キーボードの微妙なピッチの差で音場がうねり、ベースの音がフラットして聞こえる。
○ヘッドホンをして録音した場合
○喉に必要以上の力が入ってしまっている場合

などなど・・・

割とあっけなく「フラット癖」に陥りやすいのです。

これは、何もバンドでやっている場合に限らなく、
例えばカラオケなどでも起こり得る現象です。

初心者の場合は自分の声を初めて録音した時など、

ショック!!!で

非常に落ち込みます。

俺って歌上手くないジャン!!
と思ってしまって歌う気力さえ無くしてしまう事も・・・

ではどうすればいいか?
なんですが。

私の経験上

この現象はほとんどの場合は錯覚です。

もとろん発声がよくなく、喉に力が入ってしまってる場合は除きますが・・・

一番問題なのは、そこで意気消沈することです。

それにより、本当は一時的なものなのに自信をなくしてしまって
そのあとも試行錯誤してしまって、逆にシャープしてしまったり。

前にも言いましたが、根拠のない自信を持ちましょう!!

これが一番大事です!!

そして対策としては、
やはり普段練習している環境にできる限り近づけることです。

例えばライブの時、モニター環境が悪いのなら、
オペレーターの方と相談してみてください。

その際、普段スタジオで使っている機材、マイクをちゃんと把握しておいて
すぐ伝えられるように準備する。

ギターとベースのピッチは気づきにくいですが、同じかどうかを確認してもらってください。

そして・・・
箱によってキーボードが440HZでない場合があります。←これ結構多いみたいですよ。
 
この場合ギターとベースに言って合わせてもらってください。
キーボードの音ををチューナーで確認すればだいたいわかるはずです。

そして・・・

一番厄介なのが、喉に力が入ってしまってフラットしてしまう場合。

もちろんモニター環境がよくなく力が入ってしまうことは多々あるのですが、

もうライブ始まる!!というどうしようもない場合・・・

普段より出来るだけ小さい声で歌ってみてください

これ結構効きますよ~

前から言ってますが、結局、声量は響きなんです。

小さな声で歌うことにより、
だんだん固まっていたところが柔らかくなっていきますので
自分の声が頭蓋骨に響くようになってきます。

そして胸やお腹に必要以上にかかってた力も取れていくはずです。

もちろん、「フラット癖」自体も既に響くようになっているので
同時に解決するのです。

今日の話はある意味

自分を見つめて知り尽くす事!!

なんです。

わかりましたでしょうか?(笑)

わからない方は自分をとことん見つめて、とことん知って、とことん練習して

この記事をもう一度読んでみて下さい。

きっと見えてくるはずです!!

にゃん
宜しくお願い致します~

シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください