ハーモニーの美しさ!!

おかげさまで~

読者数619人!!

今日も6人様に読者になっていただきました\(//∇//)\

有難うございます!!

そして・・・
シンガー・ボーカリスト ブログランキング

おかげさまで1位獲得!!^_^
現在4日目~

以前一瞬だけ1位になりましたが、出来るだけキープさせて下さい!!

確かその時キープできたのは3日間だったので、せめて一週間!!(笑)

引き続き~読む前にポチ!!よろしくお願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ


==============

剣史です~

昨日は、6月ツアーの打ち合わせのあと、
友人のライブを見に行ったと書きましたが・・・

ひとつのアーティストだけをカバーするバンドを集合させたイベントでした。

友人がやっていたバンドは、次のバンドをコピーしていたのですが、

いやいや~とても素晴らしかったです!!

とりあえずご存知ない方もいらっしゃると思うので、
一番有名な曲をお聞き下さい!!

Boston – Don’t Look Back

どうでしたか?

流行っていた当時は私はギタリストでしたので、このBostonはコピーしまくりでした~
もちろんこの曲も相当練習しましたね~

ギタリストというか、BOSTON=トムシュルツなんですが・・・

この音を作るのは苦労しましたね~
やはり全然近い音にはならなかったです。

当時一番好きなギタリストだったので、経歴を少し・・・

トム・ショルツはアメリカ合衆国オハイオ州の出身。7歳からピアノを習い、マサチューセッツ工科大学在学中にギターを独学で覚える。大学卒業後はポラロイド社に就職しプロダクト・エンジニアとなった。仕事の傍ら、電気工学の知識を生かして自宅アパートに多重録音可能なスタジオを構築、そこで作り上げたデモ・テープがCBS Recordsに認められ、デビューの運びとなる。このスタート時点ですでに、(その後のことの成り行きを知っている現在からは)ショルツ側とレーベル側の思い違いがあったと言える。デモテープを聞いたCBS側の担当者は「現存するあらゆる(ロック・ミュージック)作品の中で、最も素晴らしい作品である」と評価したと言われる。
(Wikipediaより引用)

そして、次に有名だった曲を~
Boston- More than A Feeling

しかし、私の友人はギタリストなんですが、
このトムシュルツの音を細かい所まで再現してました!!

もちろんテクニックも~素晴らしかったです!!

あとの打ち上げで聞いたのですが、それこそみんなコピーしていたので
超緊張した!!と申しておりました。

そして、私がBostonの中で一番大好きだったこの曲を聞いてください!
Boston – A Man I’ll Never Be

ハーモニーも美しいでしょ?

ここでやっとボーカルの話に移りますが・・・(笑)

この曲のAメロ~素晴らしくないですか?

声の種類も、たくさん使われています。
少し甘いウイスパー~ミックス~ヘッドボイスに至るまで
かなり表情豊かですよね?

男性でこの曲が歌えるようになったら、洋楽のだいたいの曲が歌えるんじゃないか?
というほどスキルアップするのにとてもいい曲です!!

しかし、今日のテーマはそこではないんです。

実は一番コピーしてみて欲しいのは、Don’t Look Backのコーラスです!!

そう、ハーモニー感覚を鍛えるのです!!
そんなに難しくはないメロディーなんで、コーラスの練習には最適かと思います。

女声も男声も上はちょっと高めですのでファルセットで~

下ハモも練習にもなりますので、女声も男声もとりあえずチェストボイスで
少しウイスパーボイス混ぜて、倍音多くなるように意識してみて下さい。

とりあえず行動することが大事ですよ!!

その上で疑問点がありましたらメッセ下さいね!!

ではでは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください