チャンス!!それは・・・自分の歌に納得がいかなくなった時!!

何と!!2位に浮上~
どうやらちょっと村がある方が、
1位~3位の間を行ったり来たりしているみたいですね(^-^)

ということで、引き続き・・・読む前にポチ!!!
お願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

===================
剣史です~

昨日はすみませんでした~

でもやっぱりすごいです!!

めっちゃいい写真撮って貰いました~
機会があったら、皆さんにも公表しますね~

そして
昨日帰り際に・・・
今度またバーベキューパーティがあるそうで、「剣史くんもおいでよ~」と
誘って頂きました。

でも、誘われたその日は朝からセッションなどいろいろあって
行けるかどうか微妙ですが、
せっかくなんで調整して行きたいと思ってます!!

ということで、

一昨日の問題ですが・・・

『この絵の手法に似た、覇田剣史が推奨する歌の練習方法とは何でしょうか?』
でしたよね?(笑)

5人様に説明付きでコメント頂きましたので、正解を発表します!!!

正解は?

『細かいワンフレーズを繰り返し練習する』

でした!!!

という訳で、コメント頂いたほとんどの皆さん!!!

表現の仕方はそれぞれでしたが『大正解』!!!です!!←今回簡単でしたよね~(^-^)

キーポイントとなる言葉はこちらでした~

『大雑把に全体を見て描くよりも、細かいところに集中できるため、
それまで気づかなかったいろんなモノや情報が見えてくるからです。』

例えば歌に当てはめるとどういうことか?
最近・・・読者さんが女性が多いということで、女性ボーカルを挙げますね~

いろいろ悩んだんですが、今回は宇多田ヒカル – First Loveで行きたいと思います。

ほとんどの方はご存知だと思います。

この中のAメロ・・・
「最後のキスはタバコのフレーバーがした」
というフレーズを100回練習するのです。

もっと細かくてもいいんですよ~
「最後の」だけでも・・・

これを徹底的に真似するのです。

「さ、いご~の」あれ?ちょっと違うな・・・

こうかな?

「さぁ~いご、のぅ」あれ?またニュアンスが違うな~

こんなふうに・・・

ワンフレーズだから・・・

聞けば聞くほど自分と本物の違いが見えてきます。

そしてそれが見え出したら、自分の歌に納得がいかなくなるのです。

そして、気付いたら100回ぐらいは当たり前に歌っています。

それにかかる時間は思ったより少なく、15分ぐらいかと・・・

そして、そこが歌えるようになったら次!!
というふうに歌詞を進めて行く事にこれを繰り返すのです!!

でも、その違いを分かるようになる為に必要になるアイテムがこちらです。
$覇田剣史の☆The歌道☆Utadow      

別にタスカムさんの回し者ではないですが・・・(笑)
これはブログを始めた時にもおすすめしてましたよね~

これがあると、聞きながら歌って・・・
自分と本物の違いをイヤというほど、何回もループ再生出来るのです(>_<)←ここ大事!! そしたら、見えてなかったところもだんだん見えてきます。 より耳も良くなります。

そして、ここを本物と同じように歌いたいというこだわりも、
これは~ま、人によりますが出てきます。

それが、あなたの歌の成長に大きく貢献します!!
結果的に全体を大雑把に練習するよりも、うまくなる時間も短縮できるのです!!

では・・・今日はこのへんで~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください