スコトーマって知ってます?

いつも有難うございます!!
現在2位キープ中~
今日もよろしくお願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

=================
剣史です~

恒例の体調報告です~(笑)

お陰さまで~熱は微熱になりましたが、
何とか、頭の痛さや節々の痛みが感じられるほど回復してきました!!

そう、今まで熱の苦しさと身体のダルさのおかげで
感じれなかっただけではないかと・・・(^O^)

ということで、やっと明日病院に行く時間が取れました。
が、夜はリハーサル・・・

インフルエンザという結果が出れば、残念ながらリハは欠席するつもりです。

もしうつしてしまったら、メンバーに恨まれますからね・・・(>_<)

さて、今日は・・・

昨日の記事でもよくわからないというご意見頂きましたので、
もう少し補足をしてみようと思います。

それは『脳』の仕組みと非常に関係が深いのです。

人は普段、『脳』の何%を使っているか知ってますよね?

答えは・・・3~4%らしいです。

 

では、残りの97%は何故使われないのか?
なんですが・・・

もし、人間が『脳』を100%使ったとしたら、
一瞬で餓死してしまうらしいです。

それほど『脳』はエネルギーを使ってしまうということらしいです。

では、100%でなくてもいいから、もっと~
例えば半分まではいかなくても、せめて10%とか使えるようになるといいのでは?
と思いますよね?

自分もそう思いました。

ここからは少し難しい話になるので、そこで、以前読んだこの文献から引用します。

苫米地英人氏の著書
「残り97%の脳の使い方 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~」

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

そもそも『脳』を3%しか使わないのには理由があるのです。

・人は重要なものしか見えない。
・人は見る準備をしているものしか見えない。
・一つの情報に集中してしまうと、他の情報が見えなくなってしまう。

ということです。

例えば、時計を買う時はデザインにも注意しますが、その後は時間を見るぐらいになります。今、その時計のデザインを細かく描いてくださいといっても、たいていの人が3~6箇所以上まちがえるそうです。

脳は見るものを決めてしまっていて、それ以外を排除しています。
つまり、多くの人が一つの側面からしか物事がみえなくなってしまい、何か問題が起きていても問題が起きていることさえ見えなくなるのです。

このような心理的盲点「スコトーマ」といいます。

スコトーマの重要な概念は、「私たちは何が本当に欲しいのか知らない」ということです。

スコトーマというのは、現状の中にいると見えないものすべてです。
それは現状の中が自分にとって慣れ親しんだものであり、私たちは慣れ親しんだものを重要と考えるからです。自分の両親のほうが知らない人たちよりも重要なのと同様です。

この現状を「コンフォートゾーン」といいます。

例えば、普段生活しているところ、家、普段通っている学校、普段行っている会社、周りの同僚。そこの空間がコンフォートゾーンです。

現状がコンフォートゾーンで、コンフォートゾーンの外側はスコトーマで見えません。

そして、ここで、ホメオスタシスと言って、現状を維持しようとする強い機能がおこり、なかなかコンフォートゾーンから抜け出せません。

例えば、自分がテストで60点ぐらいを取る人と無意識に思っていたとすると、この生徒が90点を取ると、次のテストでは、きちんと30点を取り、コンフォートゾーンである60点を平均点にしてしまいます。

これ、貯金についても言えますね。
「お金がない」と言っている人は、自分のコンフォートゾーンが「お金がない自分」になっています。

私たちは何が重要であるという信念を子供のときから、誰かに知らず知らずのうちに埋め込まれてきているのだ、ということをしっかり認識してください。つまり、本当に欲しいもの、重要なものは自分自身が知らない可能性が多いのです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

以上、引用と要約です。

エライ急に難しいところに入ってしまった感がありますね~

でも落ち着いて考えてみて下さい。

一言で言えば、「脱皮」するのです。

そうするとスコトーマがとれるはずだということです。

ですから、昨日の基準値の話も、その前の執着や覚悟の話も

『脳』が邪魔をしているとしたら、お分かりでしょう??

そう、以前少しお話しましたが、『脳』は基本的に「怠けようとしている」のです。

それはある意味、餓死しないようにしている・・・
つまり「命を守るため」なんです。

それがスコトーマという現象として現れているのです。

「人は見る準備をしているものしか見えない」という事は

「人の思考はかなり洗脳されている」ということなんです。

あなたが正しいと思っていること、良いと思っていること、
欲しい、したいと思っていることが本当にそうなのか?

それさえも、自由度を失っているかも知れません。

でもここまでの話まで入っていくと、今までの自分の信念が崩れて
何を信じていいかわからなくなって混乱する人もいるかも知れません。

でも、以前言った自分軸を持つということが既に出来ていれば
ブレることは少ないはずです。

ということで凄く長くなりましたが、

皆んながたくさんの「スコトーマ」を持っていることに気づいてください。

自分の見ている世界だけが世界ではないのだ、ということに気づければ、
新しい世界が開けてきます。

そういう視点で見れば、この2日間の記事だけでなく、
今まで私の記事を読んで頂いてピンと来なかった方も
もしかしたら新たな見方が出来るようになるかも知れません。

ではでは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください