カナダであんアーティストの影響!!

シンガー・ボーカリスト ブログランキング

おかげさまで2位にUP!!^_^

有難うございます!

引き続き~読む前にポチ!!よろしくお願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ


==============

剣史です~

実は、このブログ・・・朝書いてます( ̄▽ ̄)

そう、昨日書いてる途中で休憩した際、そのままソファーで寝てしまいました(>_<) カラダはひえひえ~ マジ風邪引きそうです(>_<) 何か最近やたら眠い~
皆さんもそんな事ないですか?

ということで、今日は、先日やったライブの曲のルーツをば。。。

これは、そのバンドのむか~しの写真( ̄▽ ̄)

実は、今回のライブでわかったこと。

それは意外にもすべての曲が難しい曲であったということです。

今回私以外は、演奏するのは初めてだったのですが、

みんなが言ってたのは~

構成が覚えられない・・・という一言に尽きました。

○キメが曲の1番 2番 3番で微妙に違う・・・

○ノリがAメロ、Bメロ、サビで全然違う・・・

ということでした。

ハッキリ言って、なんでこんなことが出来ないのか?と
私は不思議だったのですが、それはルーツに
こういう曲をやったことがあるかないか?
で変わってくるかもしれないということに気付きました( ̄▽ ̄)

まずは2曲ほど聞いてみて下さい~

Freewill – Rush

Limelight – Rush

これはラッシュというプログレハードロックバンドですが、
当然変拍子ですし、構成も難しいですよね?

そして~
Triumph – Air Raid/Allied Forces

こちらも一見シンプルな感じですが、いろんなパーツが、
それこそ普通は1曲に4~6パーツで構成されているのに、
この曲はその倍の8~10パーツで構成されています。

実は、先日のバンドの曲作りは、この2組だけでなく
カナダ出身のアーティストの影響をかなり受けているのです。

こういうところを通って来ていないアーティストは
やはり、上記のような難しさを感じるのでしょうね~

そして・・・
ライブの打ち上げの2次会で朝3時まで飲んだ時、
オペレーターをしてくれたある有名ギタリストさんと、
見に来ていただいたプロの女性ボーカルさんにも、いろんなアドバイスを受けました(>_<)
そう、お二人が共通して指摘されたのは、
『演奏に裏が感じられない・・』ということでした。

ま、メンバー全員、普段はそんなことはないのでしょうが、
やはり構成やノリの難しさがあったので、
このような現象が出てきたのではないか?と思います。

要は、余裕がなかった・・・

の一言に尽きると思います。

でも・・・
なんか悪いことばかり書いていますが、全体的にはお二人とも『いいバンドだ!!』
と仰って頂いたのですよ(^O^)

最後にはオールスタンディングで、
コール&レスポンスもビックリするほど大きな声で帰ってきましたし~

その女性ボーカルさんの関西ツアー(6月頃?)に
オープニングアクトでついていく話も頂きました。

ということで、関西ツアーが決まったら、またお知らせします~

でも、6月は既に私自身が忙しくなってるはずですので、
かなりタイトなスケジュールになりそうですが・・・(>_<)
ではでは~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください