どうリラックスするか?

剣史です。

珍しく連日更新です!!(笑)

昨日、喉を痛めるのはある意味必要だ!!ということをお話しました。

今日はそこからの展開のお話です。

一般的に、筋トレは毎日するよりも、一日おきにすると効果的!ということはご存知ですよね?

声帯も・・・
同じく「痛めた=筋肉の成長」ですので間を開けるのは当然です。

症状は練習していたその音域や声帯の状態、果ては体調の不具合等で変わってきますが、基本二日は開けてください。

ではその間どうするか??ということなんですが・・・

まだ歌わずに、まずは息だけで歌う練習をして下さい。
もちろん音程など正確にとれなくていいです。

これは、ある意味腹式&フ ァルセットの練習にもなりますので~

ここでは
いかにリラックス出来るか?がテーマです。

あと注意点なんですが・・・

常に喉が2日経っても、まだ痛い状態の時は

声の出し方自体が間違っています。

その判断基準はいろんな方向から見ないといけないので、むづかしいのですが、、、

私の経験上、いい状態で筋肉が鍛えられているのは、タンがやたらからんでいる状態です。

2日ぐらいで無くなります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください