しゃべり声と歌う声は違うのか?

剣史です!

皆様クリスマスイブはいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は23日、24日と友人のライブをハシゴし、そのまま忘年会代わりの打ち上げ~と、
楽しい日々を送ってました~(笑)

おかげさんで、ちと肝臓に負担かけすぎたみたいで、体調悪すぎです!(*^^*)

そう、ライブを見てて思ったんですが、歌う声としゃべり声は違う人ほど歌もうまい!とあらためて思いました~(笑)

あなたは、このボーカリスト声高いな~と思ったら、MCで声が全然違う(低い)って感じたことありませんか?

注意深くないと気付かないかもですが、そこが意外に大事だったりします。

普段しゃべっている声と歌う時の声が違うって、
どれだけの人が意識しているでしょうか?

ちなみに私は全然違うので、よくビックリされます(笑)

これも、いわゆる天才か、私のようにそうでないかの違いに通じるんです。

以前も言いましたが、元々声が高いボーカリスト(しゃべっている声が元々高い)が、なんの苦労もなく歌えるのはある意味羨ましいです(笑)

しかしそんなボーカリストのほとんどの方は声に奥行がなく、あまり魅力的な声ではないというのが私の見解です。

ただ、少しいるんですね~
その才能を活かして声の魅力を出せる人が・・・

その人こそ天才です。

しかし、日本のメジャーで活躍されているボーカリストにほとんどいません!

私のように元々声も低くいわゆるポピュラー音楽のKEYにあってない人がいます。

そういう人は努力によって声をつくりあげている方です。

そして、それが完成すると、声の魅力が半端なく凄いのです。

それだけ本質を理解した上で努力しているから、凄いのです。

洋楽を聞いている方は、なんとなく分かって頂けると思いますが、外人さんと雲泥の差があるのはここじゃないかと・・・・
$ボイトレでは決して教えてくれない★歌が上手くなるコツとテクニック★      

なんか、言いたいことがいっぱい有り過ぎてまとまらないですが(笑)

とにかく、喋り声で今まで歌ってきたと思われている方は、発想を変えてください。

「歌う声としゃべる声は全く違うものだと・・・」

自分の声を録音して聞いたことありますか?

かなり変な声なんですよ~

自分の認識している声は頭蓋骨に響く声が合わさっているので、録音した声は全然違う声に聞こえるのです。

では、どうしたらその呪縛からとかれるのか・・・

その具体的方法はまた次回お伝えしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください