ここが一番大事です!

剣史です。

昨日の記事は不完全になってしまい申し訳ありません!

明日にでも写真入れなおしておきますので、今暫くお待ち下さいm(__)m

では今日のテーマなんですが、、、

「ひとつの発声法に集中し過ぎてはいけない!」

です。

ボイトレに行った経験ある方は、ご存知かもですが、、、

もうかなり前になりますが、私が習いに行ってましたボーカルスクールは、
まず腹式呼吸をマスターしてからその次の練習に行くという手法をとっていました。

当時の私はまじめだったので(笑)

先生にしたがって、毎日腹式呼吸の練習ばかりしてました。

しかし、なかなかうまくならないので、週一のボイトレで
約3ヶ月間は次に進む事ができなかったのです。

そしてそれは自分が悪いからだと思いこんでいました。

でもよくよく考えてみて下さい!

発声に必要な筋肉は
そう簡単に付かないのは当たり前なんです。

しかもずーっと腹式呼吸に集中していましたので、
ほかの部分がおろそかになっていたんです。

そう、首回りや胸、肩に力が入りすぎ凝り固まっていました。

そして肝心な曲練習でも、自然体で歌えなくなり、
ピッチも若干フラットするようになりました。

そう、全ての原因は・・・
私にありました。

その先生はアイドル歌手も教えている有名な先生だったので、
先生がいうことは絶対だと信じきっていたのですね♪

当時カラオケに行った時、友人にもこう言われました。
「前より声が大きくなったけど、なんか艶がなくなって苦しそう~」

ショックでした。

自分でも何となくは分かっていたのですが、高いお金払って(1回1時間の個人レッスン7000円でした)
下手になったと言われるとは・・・

今となっては理論的に当たり前と分かるのですが、、、

実は,こういう経験されているボーカリストは多いのです!

私が教えていた生徒の5人に1人は経験者でした。

腹式呼吸を全て否定はしないですが、
こういう教え方をされている先生も多いということなんです。

結論としては・・・

やたらひとつの方法に集中し過ぎるのはよくないのです。

バランスが大事なんです!


これが出来たら次に進むという手法は
ボイトレにおいては完全に間違いです!

あなたも気をつけて下さいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください