こ、声がでない!!大事なライブやレコーディングなのに・・・

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ボイストレーニングランキング!!
お陰さまでなんとか10位キープ中~ヽ(´▽`)/

ボイストレーニング ブログランキングへ

いつもありがとうございます~

更新しないとクリックして頂けない現実・・・
当たり前ですが、厳しいですね~(T_T)
ある大きなプロジェクト&ライブが終わりましたので、
更新出来ない日もありますが、これからは多少マシになる予定です~

今日も読む前にワンクリック!!
よろしくお願い致しますm(_ _)m
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

剣史です。

今日のタイトル・・・
ちょっとドキ(◎-◎;)!!っとしませんか?(笑)

これは、長年ボーカルをやっている方なら、一度は経験されているのではないでしょうか?

実は、私も既に経験済です(^ム^)

しかも、その時のライブは・・・
超大物ボーカルのバックをされているスタジオミュージシャンの方々とのライブでした。

私がどういう経緯で声が出なくなったのか?気になりませんか?

多分みなさんも経験されていると思いますが、私の場合・・・

そのライブ一週間前から、かるーい風邪をひいていたのです。

ライブ自体は企画物でしたので、リハーサルもその一週間のうちに2回だけでした。

しかし、1回7時間にも及ぶリハーサルはなんとか持ちこたえたのですが、
やはり綺麗な声を出そうとするあまり、声帯に負担がかかってしまってたようです。

風邪をひいている状態で、しかも私の限界キーの曲が多かったので、
無意識に無理をしていたんですね~(ー_ー)!!

そして・・・

最後のリハーサルから本番まで2日空きはあったので、その間になんとか治そうと思って、
考えうるいろんな方法を試していたのですが、一向に良くならず、、、

そして、いよいよ当日の朝・・・

歌うどころか、しゃべることすら出来ない・・・
かすれて声にならない状態まで陥ってしまってたのです。

もう当日なので、私の代わりはきかない状況・・・

頭をめぐるのは、夢というか、ぼぼ起こり得る現実!!
お客さんやメンバーさんのがっがりとした顔、冷たい視線・・・

せっかく私をVO指名して呼んで頂いたのに、
それに対して申し訳ないという気持ちでいっぱいでした。

そんな事考えている間に益々ネガティブな状況がどんどん頭を駆け巡り・・・
ほぼ絶望というか、恐怖すら感じてました。

images (51)

でも、なんとかなんないか?と思い直し、、、
当時付き合いのあったいろんなボーカリストに連絡とって対処法聞いたりして、、、

そんな中、東京駅の近くにある、ある耳鼻咽喉科にがいいという情報にたどり着いたのです・・・

ホントあそこで諦めなくてよかったです。

実は、ライブ当日はたまたま診療日だったのでよかったのですが(隔日診療制でした)、
診療時間が夕方のみでしたΣ( ̄ロ ̄lll)

サウンドチェックが17時からだったので、どう考えても間に合いません。

前にも言いましたが、メンバーはTVでも常々お見掛けするような凄い方達ばかりでしたので、正直悩みました。

耳鼻咽喉科に行けばサウンドチェックは確実に穴をあけてしまう。

その一時的な恐怖を避けるか、
それとも本番の出来が悪くお客さんにもメンバーにも顰蹙を買うか、、、
正直、病院行ったとしても声が戻る保障もない・・・

思考は行ったり来たりで衣裳の準備もままならない状況で、ただ時間だけが過ぎて行く・・・

でも、決断しました!!!

本番で少しでも調子があがるなら、病院へ行こう!と。

 

そして重い口を開き、バンマスになんとか許可を得、いざ病院へ。

まず、受付でびっくりしたのですが、超有名女優さんがマスクをして座っているではないですか!!

他にも見たことある男優さんも一人。

また、一般の年輩の方達に混じって、明らかに舞台などで活躍してそうな
若い美男美女がマスクをして座っていました。←これはたまたまなのか・・・(笑)

実はその後もその病院にお世話になってますが、美男美女はいませんでした~ヽ(;▽;)ノ

話が少しそれましたが・・・

そんな患者さんを見て、やっぱり噂通りの凄い先生なんだ!!
と期待も高まり、いざ診療室へ!

で、まずびっくりしたのが、
声帯の写真をその場で撮って見せてくれたんです。

両側の上の部分は赤く腫れ上がり、下の部分は白く膨れてました。
これじゃ声にならないね♪と案の定言われ、薬をぬってもらい診療終了、、、??

えーッ!!!まさかこれで薬もらっておわり?

と思い、すかさず、先生に、
今日実は本番なんです、、しかも数時間後!と事情を説明しました。

そしたら、本当は初診ではやらないけど、特別だよ~と言って
ステロイドを準備して下さいました!

約20分の点滴方式でした。

点滴中考えてたんですが、これも運命の分かれ道で、
そのまま先生のいうことを受け入れてたら・・・と思うとゾッとします。

ということで、
結果、少しだけですがサウンドチェックにも間に合い、ちょっとだけ声出せた、
てか、声になった~(笑)のですが、

先生のお話によれば、完全に声帯の腫れがおさまるのは3時間かかると言われてましたので無理はせず、、、

で、迎えた本番!!!
なんとその日まで歌った中で一番気持ちよく歌え、評価も上々でした。

オマケに、打ち上げではメンバーのドラムの方にプロジェクトバンドに誘われる始末?(笑)
名前は出せないですが、本当に凄い方なんですよ~

というわけで、結果オーライでしたが、内心、ここまでのハラハラドキドキ感、
天国と地獄を1日で経験したことなかったです。
私にとって何物にも変えれない貴重な体験でした。

ほんとステロイド様さま!!!って感じでした。

でも、ちょっとここで予備知識

ステロイドの凄い効き目は数時間しか持たず、
ステージも2時間半だったからこそ大丈夫だったようです。

もちろん打ち上げでは、元のかすれ声にちゃんと戻ってましたし・・・(笑)
また、気をつけなければならないのは、ステロイドの副作用は半端ないらしいです。

もちろん個人差があるみたいで、自分は全く何も感じなかったですが。

ということで、この病院を知ってから、先生にはいつもお世話になってますが、
ステロイドはあれ以来打って貰えません(笑)

でも、頼りになる先生を知っているだけで全然安心感が違います。

 

PS・・・
この耳鼻咽喉科は業界人御用達ですので、こういう公の場で教えることは出来ませんが、
東京近郊の方で、もしお困りであれば特別にお教えしますので、
お気軽にメッセージにてお申し付けくださいね♪

ではでは・・・

こ、声がでない!!大事なライブやレコーディングなのに・・・」への2件のフィードバック

  1. ともり

    こんにちは。2年前ですが、オーディションでは力を出し切れたという事で、読んでいて嬉しく思いました。良かったですね‥!
    実は、大阪にいる友人が明日の7/22(日)に、歌のオーディションを東京で受けるのですが扁桃腺が腫れて声枯れしています。いつご覧になるかわかりませんが、今後のためにも、病院について教えていただけますと嬉しいです。よろしくお願いいたします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください