おいしい~音域とは??

いつも有難うございます!!

引き続き、応援ポチ宜しくお願いします!!

 シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

====================

剣史です〜!

まずは、昨日、おとといと更新できませんでした事をお詫びいたします。

しかしおかげさまで、順調にいろいろ溜まっていた遅れを取り戻しつつあります!!

しかし・・・(逆説ばかりですが~)
そんな中、来週の・・・裸になって歌うライブでの英詞を、10曲ほど覚えなくてはいけません(^_^メ)

しかし・・・(^。^)マタ・・・

そんな状況の中・・・ワンダーコアは、1日に10分だけですが
がっばってやってます~!!

images (1)

 

 

 

 

 

 

もちろんこんなに腹筋は付いてないですが、
かなりいい感じで筋肉痛が続いております~

 

という事で~

今日は丁度コメントで質問頂いたので、そのことについてお話します。

『あなたはあなたのキーを勘違いしているかも知れない』という事なんですが~

要は、あなたにとって「おいしい音域はどこにあるか??」を意識して下さいというお話です。

 

特に女性ボーカリストは、男声の高い音域を歌えるという事で、
ハードロックバンドでは引っ張りだこ状態で満足している方が多いんですが、
私からすると勿体ない・・・と思います。

 

そもそも・・・

実は私も・・・高校時代にやってたバンドでは、この曲歌える人がいなくて
女の子に頼みました。

Rainbow – Kill the King

もちろんこの頃の私はギター少年でしたので・・・あしからず(^_^メ)

彼女はとても音程もしっかりしていて、よかったのですが、
でも・・・

声がなんか迫力がなく、ほんとに王様殺せるの??
ってな風に感じていました。

もちろんそんなことは言えなかったですが・・・(-“-)

なぜそんなことが起こっていたのかは、
今はもちろん認識しているのですが、

そうです!!

女声は男声とは違う楽器なんです!!

ですから、つい歌うのが楽だからか、男声キーの曲を歌っている方を見かけるのですが、
あまり魅力を感じないな~と、いつも思うんです。

あなたは思ったことありませんか??

なぜかというと・・・
一言でいえば、それは・・・

「おいしいい音域」ではないからだと思うのです。

 

声の魅力って・・・
その人が一番張って美しい声を出せる音域だと思います。

その音域にサビに持ってくるといいのですが、男声の曲だと、
そこがずれてしまうのです。

だから魅力が出ない・・・

実はそういう方・・・私の知り合いにたくさんいます。

もしかしたら、バンドのボーカルをやってて、男性のメンバーににちやほやされて、
ついつい「これでいいと」と思ってしまっているのかと。

 

あと、女声でも地声が低いから男声の曲を歌う事しかできないと
思い込んでしまっている方。。。。

このような方も多いと思います。

実はこういう方の共通点は・・・声量がない・・・のです。

 

なぜなら、楽な音域でしか歌ってないので、
声帯や歌に必要な筋肉、声帯が、全く鍛えられていないから・・・という事ですね!!

 

過去に、「高い声を鍛えると、声が太くなる」という記事を書いたのですが、

皆さん覚えてらっしゃいますか??

 

これは本当です!!

しかも鍛えられたふくよかな声帯から出る声は、太いだけでなく、
倍音の多い魅力的な声になるのです!

ですから、前にも記事にしましたが、あなたのキーよりも数段高い、

「歌うのが難しい」と思える、歌いたい曲!!

を課題曲にした方が、成長のスピードが全然違います~)^o^(

 

私の生徒で、本気でマライヤキャリーを目指して練習している人がいましたが、
彼女は女声の中でも地声が低く、前の先生に「とても無理だからあきらめな~」と言われて
私の所に来たのです。

そして、ボイサルを受けて~それから3か月で、あのマライヤのホイッスルボイスも出せるようになったのです。
また、それだけではなく、彼女の低、中音域の声も、より魅力的になっていました!!

 

あ、わすれてましたが・・・
生き証人がここにもいます!!

ハイ!私です~

私の地声も普通の男声に比べたら低い方です。

でも、高い声やシャウトがまるで外人のように出来るという事で、
今、引っ張りだこなんですよ~(だから忙しい・・・)

と、少し自慢も入ってしまいましたが・・・(^。^)
とにかく自分の限界より高い曲を練習して下さい!!

 

そうすれば、必要な筋肉も鍛えられ、自然に声量も上がり、高い声も出るようになり、魅力的な太い声も出せるようになるのです!!

ではでは・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください