うまくなる為には、唇を意識せよ!!

剣史です。

今日は唇の使い方について、私の見解を述べます。

まず、お訊きしたいのですが、あなたは歌っている時、

唇(口の開け方)を意識していますか?

多分、ほとんどの方は意識してないと思われます。

それよりも、一般的に言われているお腹で支える、ブレスに気をつける、

また声の飛ばす方向を意識するなど、、、、

比率で言えばそういう事を意識されているのではないでしょうか?

ボイトレに行ってらっしゃる方ほど、講師に普段注意されているはずですので、
無意識にやっている方がほとんどだと思われます。

依然として、
腹式呼吸から始まり腹式呼吸に終わるという指導者が多いので、
無理もありません。

しかし、以前言いましたように、
声を出すのに必要な肝心な部分は明らかに口腔にあります。

その中でも一番大事というか、意識的にコントロールできるのは、
唇しかないと言っても過言ではありません。

あなたは、森進一、或いは橋幸夫はご存知でしょうか?

【PR】$ボイトレに行かなくても、歌が上手くなる~☆秘密の裏技☆      

↑ちょっとちがうか?(笑)

若い方はもしかしたらご存知ないかもですが・・・

モノマネで取り上げられてますお二人なので、

ご本人登場とかで一度は見たことあるのではないでしょうか?(笑)

そして、あなたはお気付きですか?

モノマネされる部分が唇であることを・・・

単なる「声帯模写」や「形態模写」じゃないというところなんですね。

まず森進一さんの唇。

彼はまるでストローでもくわえているような歌い方をされます。

そして橋幸夫さんは、唇の両端を常に閉じているような歌い方をされてますよね?

これには凄く重要な意味があるのです。

先日お伝えしたミソラボイス(美空ひばりさんの声マネ・・・過去記事参照)のままで、

この二種類のモノマネを付け加えてみて下さい。

もちろん、曲は何でも結構です。

きっと、凄まじい気付き、発見があるでしょう。

引きつづき・・・

こちらも応援よろしくお願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください