いやらしく歌うことができるか?が鍵!!

いつも有難うございます!!

残念ながら、5位に転落~(+o+)

では今日もまずはポチ!!

よろしくお願い致します~

シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

========================
剣史です!!

実は昨日夜、急に企画バンドの打ち合わせがあった為、
更新できませんでした(・・;)

そのバンドは、3月のとあるミュージシャンでもある友人の・・・2回目の結婚式ヽ(´▽`)/
で披露するバンドです。

かなり気合が入っているようで、プロでも普通に出る事は
なかなかできないライブハウスを抑えたそうです。

そこで私の知っているのはドラマーさんだけ・・・
基本その友人が集めるミュージシャンでバンドをまず結成し、
やる曲とかは初対面のその方々との打ち合わせで決めるという・・・

なんかおみくじ的なセッションバンドになりそうですが、
そのギタリストとベーシストは凄腕らしく、今からやるのが非常に楽しみです~ヽ(;▽;)ノ

また曲とか決まれば追々おはなししますが、
かなり凝った難しい曲になるのは必至・・・

なんか最近そういう難曲をやるセッションさえも出れてないので、
いい刺激を受けそうです。

というわけで・・・

今日は先日からなんだかんだ繋がっている、
ものまねの大事さ~氷室京介さん、西条秀樹さんつながりで、
お二人の共通点でもある「いやらしく歌う」ということをテーマに
少し語ります!!
images (9)

西条秀樹さんといえば、有名曲はいっぱいあるのですが、
まず、当時としてはあまり誰も使っていなかったウイスパーボイス&シャクリ、シャウトが派手な
この曲を聴いてください!!

西城秀樹 白い教会

この曲は、前にもあげたことがあるようなないような・・・
記憶が曖昧ですが、たしかウイスパーボイスの説明でおすすめしたような肝・・・

ま、それはどうでもいいのですが~(笑)
要はこの曲のように
少し派手に、時にはいやらしく歌えるまであなたはものまねできますか??
ということです。

うまい歌手の特徴を上げれば、必ずウイスパーボイスが出せるか出せないか??
それだけで数倍上手く聞こえてしまう、この唱法を改めて聞いて欲しいのです。

私の持論では、

『最高のボーカリストになる為には、ウイスパーボイスが出来るかできないかで決まる!!』

というぐらい大事な唱法です。

 

 

さて・・・
実は私がまだボーカリストでなかった頃、
カラオケで歌うと必ず言われてたのがこの『いやらしい』という言葉でした。

女子には『歌い方がめっちゃエッチ』などなど・・・

なぜかそういうふうに言われていたのですが・・・・

 

だからこそ!!覇田剣史がいろんなメディアで有名になりつつあるのも
全てはこの『いやらしい』という言葉がルーツです。

一見いやらしく歌うのは悪いイメージがあるかもしれませんが、
それは大きな間違いです!!

一般の方で、いやらしく歌う人がいないからこそ、
目立ったのだと自負しています!!(^O^)

実際、プロの歌手をよく聞くと、
みんな結構いやらしいです!!

ですから・・・

いやらしいという言葉を言われるか言われないか??
ここが鍵です!!

 

ではでは~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください