『発声の発想の転換』日本人だからしょうがない??

こんにちは~
覇田です!!

昼更新が続いておりますが・・・

先日たまたまTVで郷ひろみさんがやっているコマーシャルを観ました。

郷ひろみ

 

そこで思ったことをシェアーしてみたいと思います。

参考までにyoutubeで挙がっているCMで一番最近のやつを・・・

いかがでしたでしょうか?

歌に興味があるあなたにとって、郷さんの歌は魅力的だったでしょうか?
もちろんコマーシャルですから、歌が好きか嫌いかは抜きにして・・・(笑)

これはあくまでも私の個人的な感想ですが・・・
明らかに声を一つだと決めつけている歌い方だと思うのです。

響いている場所が鼻の前・・つまりよく普通のボイトレで教えてもらう「鼻にかける」歌い方しかできていないのです。

確かにお若い頃よりは、声も太くなったし音程も良くなったとも思うのですが、何かが足りない・・・

彼は確かアメリカで有名なボイストレーナーに教えてもらった経験があったはず・・・と思い調べてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・郷ひろみさんのお話・・・・・・・・・・・・・・

でも、その前の30代半ばぐらいですかね? デビューして20年ほど経ったぐらいで、やっと歌えるようになってきたかな、という感覚がありました。その時に「僕がどんなに君を好きか、君は知らない」という曲に出会っているのですよね。「僕がどんなに君を好きか、君は知らない」、「言えないよ」、「逢いたくてしかたない」を1年に1枚ずつシングルリリースしていって、後に“バラード三部作”って言われるように出来上がったのですが。
それでも、自分の中では何か足りないなっていうのがありました。テクニックとして、というのかな。未完成というか、ちょっと違うなって。それが40代半ばでの3年間のアメリカに行きに繋がっていくのですけど。
正しい選択だったと思います。アメリカに行って、ボーカルトレーナーのドクター・ウイリアム・ライリーとの出逢いがあったことなどを含めて。今でもニューヨークに行った際にはレッスンを受けます。セリーヌ・ディオンや、亡くなったホイットニー・ヒューストンを教えているトレーナーで、彼にみっちり3年間、レッスンを受けました。それが自分を変えましたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・ウエブゲーテより引用・・・・・・・・・・・・・・・・・
(http://goethe.nikkei.co.jp/human/120621/02.html)
「何かが足りない」とご本人も仰ってますね~
ま、それはご本人が若い頃を指して言ってるのですが、私が言ってるのは最近の郷さんのことです。

偉大な先生に習ったら、普通ならもっと上手くなれるような気がするのですが、
あまり変わった気がしないのです。

ではなぜあまり変わらなかったのか??
これはあくまでも予想なんですが・・・
①郷さんは、日本語の歌でレッスンを受けていた。
②ドクター自身が、「日本人だからしょうがない」と思って指導に当たった。

①に関して・・・
もし、英語曲でレッスンを受けていたら、ドクターはもっとたくさん教えることが出来たのではないか?と思われます。
だってホイットニー・ヒューストンを教えていたトレーナーさんですよ~(笑)

②に関して・・・、
これは日本語と英語の違い・・・つまり、日本語は母音が主体で、英語は子音が主体という差があるので、そこはあえて突っ込まなかったのか?と。
これも日本語の歌でレッスンを受けていたからこそだと言えるかも知れませんね・・・

それまでも、海外で有名ボイストレーナーの指導を受けた日本の歌手はいっぱいいます。
そのせいで、「日本人だからしょうがない・・・」と、先生自身が思い込んでいる可能性はありますね。

 

 

何回でも言いますが、『声はいっぱいあるのです』
全ての声をひとつと思い込んで、同じ響きにしようとしていませんか?

言葉が違うことの他に、もう一つの理由として・・・
日本のボイトレ業界では「自分の声で歌いなさい」という教育があったからかもしれないですね~喉を潰さないようにするために・・・

多分、郷さんがデビューされた時代はそうだったと思います。
喉を潰せとまでは言わないですが、自分の声の可能性を広げるには、ある程度喉に負担はかかります。

音程が変わったら、同じ響きではダメなんです!

『発声の発想の転換』は、今の日本人には必要とされていると思います。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ボイストレーニングランキング
おかげさまで4位キープ中!!・・・ヽ(´▽`)/

ボイストレーニング ブログランキングへ

今日も忘れずワンクリック!!

よろしくお願い致しますm(_ _)m
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

『発声の発想の転換』日本人だからしょうがない??」への2件のフィードバック

  1. sone

    お邪魔します。

    意外に思われるでしょうが、
    プロの間でも巧いと下手との
    評価は分かれる所です。

    それは耳にしたシーン
    (ホールコンサート、
    ホテルディナーショウ、
    野外フェス、アルバムCD、TV)
    等々のよりにけりと、
    只の好みと思われます。

    こちらは長年のファンですが、
    上手くもなく下手でもない。
    そんな感じです。

    また、興味もなく
    ご存じないでしょうが、
    レッスンは英語のみです。

    それでは、
    愚長文をお詫び申し上げ
    失礼致します。

    返信
    1. hada-kenshi 投稿作成者

      soneさま

      返信遅くなって申し訳ございません.

      >ご存じないでしょうが、
      レッスンは英語のみです。

      そうでしたか?
      ですと、郷さんはそれこそ「日本人だからしょうがない」と思われていたのかも知れませんね・・・

      ライブ会場によって歌いやすさはかなり違うことは、私自身、常に経験してますので
      そこを責めるつもりはありませんよ~

      確かに、歌が上手い下手の基準は人それぞれ違いますね・・・

      この度はコメントありがとうございました。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください