『歌は、秒単位で真似する』必要があります!!

シンガーボーカリストランキング

現在7位!!にダウン~

でも、まだまだ5位以上の復活期待してます!!

今日も始めのワンポチ~
どうぞよろしくお願い致します。


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

===============

『歌は、秒単位で真似する』必要があります!!

そう、あなたの憧れのボーカリストや楽曲を秒単位まで研究し、
とことん真似するのです。

覇田です~

今ここでお話しているのは、あくまでカバーやコピーと言われている分野のお話です。
しかし、間違った認識がこの歌の世界ではまかり通っているようです。
ボーカルスクールとか教材では、よく「ものまね歌唱はいけない」という声を聞きますが、
私はそうは思いません。

つまり『自分の声がなんたるか?」が分かっていないうちから
『これが自分の声だ』と決め付けること自体、非常に危険だということです。

一番最悪なのは、『自分の声の可能性を、未熟な声の状態に縛ってしまうことなんです!』

正しいフォームとか、正しい姿勢とか、正しい発声、正しい体の使い方を大事にしなければ
いけない・・・という指導をする方も多いですが、私はそうは思ってないんです。

自分の本来持っている声・・・というのは、それこそ自分の好きで好きで憧れだった頃のボーカリストを何人も真似することによってのみ、だんだんわかってくるものだと思うのです。

ある意味、これが正しい声だ!と先生の言ったとおりに思い込む方が不自然です。

自分の真の声は、自分にしかわかりません!!
要は、自分の体や心で『しっくりくる感覚』があるかないか?で分かるはずなのです。

もちろんしっくりにもレベルがあるので、それが以前より上がったかどうか?なんです。
それは先生が分かるわけないのです。

そう~そもそも、そこが違う・・・

人は同じように見えていても、違うんです!!
それは一番関係のある声帯の作りだけでなく・・・

細かいところまで言うと鼻の穴の大きさ、顔の骨格、口の大きさ、おでこの広さ、唇の厚さ、肩、背中、おしり、足・・・

挙げるとキリがありませんが、これら全てが声に影響するんです。

ですから、ひとりひとり違う・・・
つまり全ての人に共通する『正しい発声』はありません。

ボイトレ講師がそういう教え方なら、少し考えたほうが良いかも知れませんね・・・

私の場合も、もちろんそうだったのですが、ある程度歌えるようになって、
初めて『これが自分の真の声』かな?と認識するぐらいの感覚なんです。

ですから勘違い厳禁ですよ~

未だに自分の声というものは決めつけてはいないです!!

自分の可能性はもっとある、もっと成長できると思うからです。

世の中で言われている全ての物事は、最初は『物真似』で始まり成り立っているのです。

なぜ歌だけが『物真似してはいけない』のですか?

おかしくないですか??

よく考えて下さいね!!

ではでは・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください