『微差力』をつけろ!!

剣史です!!

今日のテーマですが・・・
「微差力」
という言葉です。

$ボイトレは全く必要ない???★常識を打ち破る!!歌が上手くなる秘密のコツ★      

ご存知の方も多いかと思いますが、
これは日本における長者番付で記録をうち立てた、
あの斎藤一人さんの本です。

何故、この言葉を出したかと言うと。。。
毎日の積み重ねの大事さを最近痛感しているからです。

有難い事に個人的なメッセをたくさん頂いて、
ご挨拶メッセだけでなく、予想外に質問や問い合わせが多かったのです。

その内容は、大体共通していました。

昨日のブログでも、書いたのですが。
皆さん「歌を歌うこと=難しい事」になっているのです。

順を踏んで、ひとつひとつ解決して行って、始めて歌が上手くなると・・・
思い込んでいる方が非常に多いということなんです。

これは、私自身もボイトレに行って・・・結果
歌うことすらキライになったことがある←過去記事参照(-^〇^-)
経験からも明らかなんですが。

整理しますね・・・

この考え方は、正直言ってボイトレ前の段階なんです。
ですから、まず本人の考え=マインドが必要なんです!!!

そこで、何かオススメの言葉はないか?と思ってチョイスしたのが
斎藤一人さんのこの「微差力」という言葉です。


「微差はいずれ大差になるのです」

どういうことかと、言いますと・・・

大差を初めっから狙ってもダメだということをおっしゃってます。

今の流行りからか・・
みんなミックスボイスを求めて

これがマスター出来れば~!!
と思って頑張る気持ちは分からないでもないですが、
はっきり言って違うんです。

この本に書いてある斎藤一人さんの言葉
そのまま引用します。

「大差を狙っても、大差つかない」

「本当に必要なことはやらないで、やらなくていいことを一生懸命にやっているのです」

「その人にとっては、正しい事なんでしょう。世間の人が正しいと言うから、正しいとおもっているんですよね。だけど私に言わせるとそうではない」

この本の74ページに書かれている言葉です。

そして、改めて読み返して思ったのですが、
自分はこの本の影響をかなり受けてるんだな~と。

83ページに書いてあるのですが、これはビジネスの例えですね~
「要するに、自分がいる世界、職場でも一番の人がいますよね。その人がやっていることを、じぃーっと見て、いいことをマネすればいいんです」

どうですか?

去年の10月から書き出したこのブログですが、
全部読んでいる方はわかりますよね?

一番うまいと思う歌手を真似べと言ってた意味が分かりますよね?

全て理屈や理論ではないのです

あ、ここはこうやって声出しているんだ~
とか、こうすると喉の負担がなくなるんだ~ってことが、自然と分かるようになるのです。

理屈や理論を頭で考えて、本質の外側、周囲からせめて行くのにかかる時間と、
1000回マネしているうちにかかる時間、得れる情報・・・

どちらが早くて質が濃いと思いますか?

補足ですが、先日の記事で自転車に乗れるようになった時の事
思い出して頂きましたが、、、

理論や理屈で考えて乗れるようになりましたか?
乗れる人を見てがむしゃらに練習して、こけて怪我して・・・

そして気付けば乗れるようになってたハズです。

これが正道なのです

こけて怪我して・・・を失敗と捉える人が何故か多いのです。
自分が自由に歌えるある一線を超えれたのも、
その数々の失敗(厳密には成長する過程の一部分なだけ)を経てきたからだと思います。

ちょっとぐらい喉潰しても、目指す歌手のモノマネで似てる!!
と言われるぐらいでないと上手くならないです・・・

そういうマインドを持って頂きたいです。

ではでは・・・

現在シンガーボーカリスト部門で2位です。

1位の壁はぶあついですね~

引き続きポチお願い致します~(≧∇≦)/


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください