『失敗してはいけないという思い込み』してませんか?(笑)

剣史です~

お陰さまで~シンガーボーカリストランキング

現在6位になりました!!

 

記事を書いて本当にその日に一挙に20位から8位に・・・

そして忙しくて昨日一昨日と記事が書けなかったのにも関わらず、今日は6位まで上がってました。

ありがとうございます!!

徐々に過去に何週も連続で1位を守れていた状態に復活出来たらいいなーと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

===============

今日、つい先ほどまでやってた某番組で、リオオリンピック水泳で金メダルを取った金藤理絵選手が出ていました。
岩崎恭子選手以来24年振りの金メダルを獲得した功績はすごかったですね~

そのテレビで言ってて初めて知ったんですが、彼女は何度も何度も挫折していたんですね~
しかもリオで金メダルを取った3週間前に、怪我をしていたらしいです。
挫折・・・とはちょっとニュアンスが違いますが、私自身も喉を痛めたり、声が出なくなったり・・・をたくさん経験して来ました。ですから非常に共通点が多いことに気づかされました。

そう、ある意味ボイトレも一緒なんです。

みなさん勘違いしてませんか??
確かにボイトレに行くと、出来るだけ喉に負担かけないように指導されます。
でも、そこがそもそもの間違いです。

もちろんワザと痛めろと言っているわけではありません。
必要に応じて痛めても仕方がないということです。

それはなぜか??

歌がうまくなること=喉の筋肉を鍛える
ことだからです。

筋繊維を虐めないと筋肉は太くならないのはご存じですよね??
それと同じで、喉のコントロールは筋肉が鍛えられて出来るのです。

そして、もう一つの『勘違い』があります。
それは・・・
見えている物事は氷山の一角だということです。

例えば・・・
歌が上手い歌手は一音も外さず歌を歌っているのをTVで見ているでしょう!!
でも、下手に歌っているところをわざわざ出しますか??
出しませんよね??

アスリートも一緒です。
100回出来ないことをやって、やっと1回出来るようになる。
成功する前の99回の映像をわざわざ放映しますか??
もちろんしないですよね??

私たちが見ているのは成功している姿なのです!!
100回の失敗は見たくても見れないのですよ~ヽ(´▽`)/

1回の成功
そこからだんだん成功の確率を上げているのです!!
ですからこちらからは見えないですけど、凄い人でも100回ダメだしをしているんです。
でも、このダメだし・・・質が違います。

凄い歌手やアスリートは、ダメだしだとは思っていないです。
『これは失敗するやり方だ』というのを見つけているだけ・・・

こうするとダメなんだ・・・ということがわかるから
二度と同じ失敗をすることがなくなるんです。

わかりますか??

だからアスリートは怪我もし、歌手は喉を痛めるのです。

そして、成功の確率を上げている。

それだけのことです。

ですが、世の一般人は都度自分へのダメ出しを本気でして
落ち込んで、せっかく好きなことなのに、嫌いになって・・・

そしてやらなくなる・・・非常にもったいないです。

過去記事にも書きましたが、確かいつかの年始に書いた『恥をかけ!!』
という記事だったと思います。

日本人は、明治時代からそういうふうに思い込む教育をされてきています。

なぜなら、同じ品物を大量に生産して儲ける時代だったから、個性もいらないし、、、というかむしろ邪魔だった・・・
ですから、『失敗したら恥ずかしい』という教育をされてきたのです。
失敗、怪我・・・つまり恥をかかないようにしていれば、人間成長出来ないからです。

個性をつけないようにする為に、おとなしく言われたことを面白くもないのに出来るようになる教育です。
そして、その観念は親から子へ引き継がれているのです。

一回も失敗してはいけないという思い込み・・・
これがある意味、喉は痛めてはいけないという発想になり、
今のボイトレ業界にも浸透してしまっているのではないかと・・・

これまでたくさんの生徒さんから頂いた質問があったのですが、
精神的なところは今日の記事で解決出来るはずです。

無意識にそう思い込んでしまっている方は多いということは否めません。
しかし・・・自分たちの世代の親、さらにその親から受け継がれているそういった観念からはなかなか抜け出すことができません。
それは私も同じです。

親が厳格で真面目な方ほどその影響を受けているはずです。
ですから私はこう思うのです。

『才能とは勘違いの継続力である!!』

 

そう・・・いい意味で鈍感であれということですね~
いい勘違いですヽ(´▽`)/
わかりますでしょうか??

みなさんも『いい勘違い』をたくさんして、わざと『恥をかく』ぐらいの気持ちで
この新しい1年頑張ってください!!

ではでは・・・

『失敗してはいけないという思い込み』してませんか?(笑)」への2件のフィードバック

  1. はるか

    ’’才能とは勘違いの継続力である’’ 素敵ですね。
    確かに 失敗は恥ずかしい事だと教わってきた気がします。
    あーしたらダメ。こーしたら危ない。大切な事ではありますが、、
    失敗して体で感じ学んでいく事が大切だと思います。
    体感し、失敗しなければどうダメだったのか言われた言葉だけではなんとなくしか わかりません。

    失敗する前に ’’やらない’’ ’’試さない’’ことが成長を止めることだと
    改めて思いました。喉を間違えた方法で痛めてしまうことも、経験としては良いと思います。ですが、間違えていることに気付き、自問自答、試行錯誤して、痛めないよう歌えるようになるのだと思います。スポーツからどんな世界でも自問自答、試行錯誤してみなさん素晴らしくなっていくのだと思います。

    自分の体、脳みそは自分以外操れません。なので自分と話すことが自分の力を伸ばしていく上で なにより大切だと思いました。記事がとても参考になりました。ありがとうございます。はじをかきまくろうと思います。恥なくして成長なし!

    返信
    1. hada-kenshi 投稿作成者

      はるかさん
      遅くなって申し訳ないです。
      コメントありがとうございました!!
      お役に立てたようで嬉しいです~

      今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

      覇田

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください