「聞く耳」をまずは鍛えてみて下さい!!

お蔭様で現在3位!!!!

引き続き、読む前の応援ポチ〜

宜しくお願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

=================
剣史です~

昨日の記事にたくさんのメッセージ頂きまして有難うございました。

返信は数の多さから少し遅くなりますが、もう少々お待ちください。

ほとんどの方が昨日の記事を見て頂き、「声はいっぱいある」事を理解して頂いたみたいで

非常にうれしかったです!!

が、中には具体例を示して頂きたいというご希望がありましたので、

今日は特別に~

今練習中のDaveについて 「声はいっぱいある」を説明させて頂きますね~

images dave

まずは、ほとんどの方がこの曲はご存じだと思いますので

とりあえず聞いてみて下さい。

では、曲の最初の一部分からいくつかピックアップします・・・

Jump – Van Halen

I get up, and nothing gets me down
You got it tough, I’ve seen the toughest around
And I know, baby just how you feel
You got to roll with the punches and get to what’s real

Can’t you see me standin’ here
I got my back against the record machine
I ain’t the worst that you’ve seen
Can’t ya see what I mean?

まず最初の・・・

I getは同じ声です。

しかしそのあとのupは声を丸くしているのお分かりでしょうか?

DAVE自身も発声失敗したのか、ちょっとひっくり返っていますよね??

そしてand nothing gets me down は鼻にかけている声になってます。

次のYou got it tough,も~

I get upと同じくtoughだけが丸くしている違う声です。

で、そのあとも結構発声変えたり、響かせる位置を変えたりして違う声が頻繁に出てきます。

そして、極めつけがBメロの最後・・・

Can’t ya see what I mean?

のmean?です。

これは先程と同じく丸い声っぽいのですが、どこが違うかというと、ロングトーンなんです。

これは響かせる位置が前の upやtoughとは違うところに持ってきてます。

わからない方は、何回も聞いてくださいね!!

昨日の話を繰り返しますが、「聞く耳」をまずは鍛えてみて下さい。

必ずわかってくると思います。

今日は・・・こうやって解説するのは初めての試みということで、

わかりにくい部分もあったかと思いますが、

これにめげず、あなたの好きな曲からも声をいっぱい発見して

「聞く耳」を鍛えて下さいね~

ではでは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください