「喉の力」を分散せよ~

現在、読者数が477人!!(12月6日23時50分現在)
年内読者数目標500人まで、あと23人!!
年内に達成まであと20日??ということは、1日お一人ペースでも達成できそうです!!

引き続き~読者登録ボタンをポッチリと!!!!
よろしくお願い致します。

そして、ランキング2位にUP~
引き続き応援よろしくお願いします!!


シンガー・ボーカリスト ブログランキングへ

===================
剣史です~

昨日は、いろいろと忙しく~とうとう更新できずでした。

剣史さん、本書いてたんでしょ?
というあたたかい声も聞こえてきそうですが(๑≧౪≦)

ま、それもそうなんですが、
リハーサル他、いろんなスケジュールが立て続けに入っておりまして・・・

やはりこれからは、ブログ更新ができない日がちょこちょこ出てきそうです(>_<) 特に日曜日はその可能性が高く・・・
毎日の習慣として見ていただいている方には、大変申し訳なく思っております。

ということで・・・

今日は少し真面目に「喉の力」をテーマに話していきたいと思います。

先ほどたまたま観てたんですが、日テレで「全日本歌唱力選手権」というのがやってまして、

少し思ったことを~

さっきネットで見たら、やはり酷評が多かったですね・・・

これが全国から選ばれた人なの??とか
楽しみにしていたのに、あんまり上手くないじゃないとか~

ま、そう言っている方は、歌がわかってない方が多いと思います。

テレビでいきなり生で・・・
ピッチの甘さで評価してしまうのはしょうがないかもですが、
私的には、先日のFNSで~プロが!!!しかもイヤモニ付けて歌ってあのピッチの悪さだった事を考慮すると、
かなりハイレベルだったんではないかと思います。

実際、感動して泣いてた審査員もいましたしね~(^O^)
でも、TVの前の視聴者たちには響いてこなかったみたいですね・・・

これはどういうことかと言うと、

実際、カラオケルームやライブハウスで歌っている響き・・・つまり余韻が
生のあのスタジオにはあったということです。

その音を聞けば、大感動ものなんだということです。

でも・・・TVは、ラインでエコー無しで音を出しているので、ちょっとピッチが悪いぐらいは全く分からないエコー下の聞こえ方と比較すれば、かなり下手に聞こえるわけです。

さて、全国から集まった歌野郎の頂点!!
つまり優勝したのが・・・

アルメリノ・アナリンさん(14)
徳島県の中学2年生~

わか~い!!でした。

$覇田剣史の☆The歌道☆Utadow      

曲は・・・
洋楽でしたが、有名な曲・・・
ど忘れです~

予選ではこの曲歌ってたみたいですが~
♪My Heart Will Go On/
CELINE DION

その曲は、14歳では歌いこなすのは流石に無理があると思ってましたが、
お見事でした~

確かにピッチの悪さはありましたが、カラオケレベルでは
確かに若い割には凄いテクニックと感情を込めたうたを歌ってました。

しかし、細かいところを言わせて頂くと・・・

特にサビなんですが、「喉に力」入れすぎた感がありましたね~

女性の場合特にそうなんですが、地声とミックスボイスの境目はスムーズに行ける方が多いです。
ただこの方の場合、地声の喉のままでサビまで行ってしまったのか、うまくシフトチェンジ出来なかった感がありました~
 
これは上級者さんは分かると思いますが、シフトチェンジのポイントを自ら把握している必要があるのです。

そしてそこを完璧に歌えるようにするには、重点的に練習する必要があります。

あとは、そのポイントでのブレスの仕方・・・
特に、ウイスパーを使った歌い方ですと、ブレスポイントで息を吸いすぎる傾向があるのです。

そして、吸って吸って・・・

吐ききれなくなって喉が硬直するのです。

前にも言ってますが、歌の上手い人は息を吐いて歌ってるのです。

息を吐く=リラックスする

ということです・・・

ここで、ひとつ皆さんへ~

歌ってて苦しいと思っている方は、まずはその前のブレスの位置で、
息が完全に無くなっていることを意識する必要があります。

その状態でシフトチェンジに持っていくと上手くいきます。

日本人は、母音と子音で言葉を作っている民族なので、言葉が切れ切れです。

その点、英語は流れるようにしゃべれる言語なんで、そこが大きな違いなんです・・・

日本語はしゃべっている時は大丈夫なのですが、歌を歌うには、その違いを把握しなければなりません。

そこで、イメージングが必要になってくる訳です。

イメージングさえちゃんと勉強すれば、こういう場合、どこをどうやって力を抜くか~
どこに響かせるか?ということが分かるようになってくるんです。

もちろん最初は失敗してしまう事もあるとは思いますが、それを続けていけば、
喉に力を入れてしまう機会を減らすという事になります。

これは、究極、喉の力を分散するということなんです。

そして分散していくと、だんだん何処にも力が入りづらくなるんです。

わかりづらい説明になってしまって申し訳ないですが・・・
 

イメージングがどういうものかを言葉で説明出来ないのです。

ま、セミナー参加された方、ボイサル進行中の方は多分なんとなくは分かると思いますので、
今一度復習頑張ってください!!

と、ちょっと話それてしまいましたが。。。。

戻します(^O^)

今日の他の出演者さんも、だいたいの方が「喉の硬直」によって、そのあとのピッチが悪くなったり、音程をごまかして歌う事になってしまっていた印象がありました。

若いので仕方ないですが、そこさえクリア出来れば10倍よく聞こえていたはずなのに、
勿体無い・・・というのが私の感想です。

まずは、「喉が硬直」していないかどうか、自分なりに注意してみて下さい。

ではでは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください